仮想通貨の最低取引単位が低い取引所を徹底比較!!

virtualcurrency-mostcheap 仮想通貨

こんにちは、ちょふです!!

5月に入って仮想通貨が盛り上がってきてますね!!

今回は、少ない金額からでも仮想通貨が買える取引所はどこなのか??をまとめていきます!!

具体的には「最低取引単位」が低い取引所を見ていきましょう!!

最低取引単位ってなに??

what?

あまり聞きなれない言葉ですね、「最低取引単位」。

これはざっくりいうと、いくらからその商品を買えるのか?を示したものになります。

例えば、ビットコインは0.1という小数点以下の数字から買うことができます。

それがAという取引所では0.01、Bという取引所では0.001、というように決まっています。

この数字が小さいほど、より少ない金額で仮想通貨を購入することができるわけです。

仮想通貨の最低取引単位の一覧

under-unit

ということで、早速まとめていきましょう。

ここでまとめる取引所は日本の取引所だけで、かつ国から「仮想通貨交換業者」と認定を受けているところから絞っています。

また、通貨は各取引所で扱っている通貨の中から独断と偏見でメジャーっぽいものを絞っています!!

なお、参考までに5/16時点のビットコインの価格はこちらです。

bitcoin-price
(5/16時点では87万くらいですね)

通貨 Coincheck GMOコイン DMMビットコイン BITPoint bitbank
BTC 日本円で
500円相当
から
85円から 0.001 0.0001 0.0001
ETH 240円から 0.01 0.0001 0.0001
BTC建て ※
ETC 0.1
BCH 395円から 0.01 0.0001 0.0001
LTC 976円から 0.1 0.01 0.0001
BTC建て ※
MONA 0.0001
LSK
XRP 1234円から 1 0.01 0.0001
XEM 1

 

通貨 フィスコ SBIバーチャル
カレンシー
bitFlyer ※1 リキッドバイコイン Huobi Zaif
BTC 0.001 0.0001 0.00000001 0.001 0.0001 0.001
ETH 0.0001 0.00000001 0.01 0.001 0.001
ETC 0.00000001
BCH 0.001 0.0001 0.00000001 0.01 0.0001 0.001
LTC 0.001
MONA 0.00000001 0.1
LSK 0.00000001
XRP 10 1 0.1
XEM

BTC建てとは、ビットコインでその通貨を買うということです。
いきなり日本円では買えないってことですね。

bitFlyerが一番安く買える!!けど…

上の表の通り、bitFlyerが一番安く仮想通貨を購入できますね!!

ただ、bitFlyerは2018年6月22日に金融庁より業務改善命令を受けている関係で、現在新規アカウント開設を停止しています。

なので、残念ながらこれからbitFlyerで仮想通貨を始めようと思ったら、アカウント開設が再開されるのを待つしかありません…

最低取引単位が低いオススメの取引所はどこ??

torihikijo

ということで、改めて最低取引単位が低い取引所はこちら!!

これらの取引所のBTC(ビットコイン)の最低取引単位は全て「0.0001」からとなっています。

つまり、5/16時点だと90円程度でビットコインが購入できるということですね!!

他の通貨についても、ETHやBCCは1/10以下の価格なので、取引所によっては1円以下で購入することもできます!!

GMOコインはBTC(ビットコイン)については85円と安いですが、他の通貨が他の取引所と比べると高めですね。

DMMビットコインについては全般的に高めというイメージです。

まとめ

最低取引単位が低い取引所はこちら!!

すでにアカウントを持っている方はbitFlyerも視野に入れてみてもいいかもしれませんね!!

ちなみに、日本円の入出金手数料が安い取引所を比較した記事はこちらです。

仮想通貨の入出金手数料が低い取引所を徹底比較!!

 

最低取引単位が低く、かつ日本円の出金手数料もそこそこに安いのはこちら!!

BITPointHuobiについては出金手数料が315円なので、こまめに出金するには向いてませんが、他と比較してもそこそこ良心的な値段ですね。

ただ、SBIバーチャルカレンシー50円と他より圧倒的に安いので狙い目かもしれません!!