【Android】HUAWEI 歴代mateシリーズを比較

mate compare ガジェット

こんにちは、ちょふです!!

こちらの記事では中国の通信機器メーカー、「HUAWEI」から発売されている歴代mateシリーズのスペックを比較していきます!!

  • mateシリーズっていくつ出てるの??
  • 最新機種のスペック、カメラ、バッテリーの容量はどのくらいよくなっているの??
  • 値段はどのくらい違うの??

これらの疑問が解消できるよう、わかりやすくまとめていきますので是非ご覧ください!!

HUAWEI 歴代mateシリーズを比較:種類

mate series

それでは歴代mateシリーズ、どんなものがあるのか??

名前と一緒に本体サイズ、重量、OSのバージョン、ディスプレイのサイズをまとめました!!

下に行くほど新しい機種です。

実際はUQ mobileや楽天Mobile専用の端末もありますが、スペック上はほとんど変わらないため除外してます。

画像出典:HUAWEI

機種幅(mm)縦(mm)厚さ(mm)重さ(g)OSディスプレイサイズ画質
mate7
mate 7
811577.9185EMUI 3.0
(Android 4.4ベース)
6インチFHD
mateS
mate S
75.3149.87.2156EMUI 3.1
(Android 5.1ベース)
5.5インチFHD
mate9
mate 9
78.9156.97.9190EMUI 5.0
(Android 7.0ベース)
5.9インチFHD
mate10lite
mate 10 lite
75.2156.27.5164EMUI 5.1
Android 7.0ベース
5.9インチFHD
mate10pro
mate 10 Pro
74.5154.27.9178EMUI 8.0
(Android 8.0ベース)
6.0インチFHD、OLED
mate20lite
mate 20 lite
75.3158.37.6172EMUI 8.2
(Android 8.1ベース)
6.3インチFHD
mate20pro
mate 20 Pro
72.3157.88.6189EMUI 9.0
(Android 9 ベース)
6.39インチWQHD、OLED
mate30pro5g
mate 30 Pro 5G
73.1158.19.5198EMUI10
(Android 10ベース)
6.53インチFHD、OLED

2020年3月時点だと全部で8種類の機種が発売されていますね。

mateシリーズはほとんどが6インチ以上の画面サイズなので、どちらかと言うと大きめのサイズになっています。

また、mate10 Proからはディスプレイに有機EL(OLED)を搭載しているので、Pシリーズやnovaシリーズと比べるとフラグシップといったイメージですね。

有機ELとOLEDの違い

呼び方は違いますが、LED(発光ダイオード)を使っているので中身は同じです。

引用:OLEDとは?有機ELと液晶ディスプレイの違い・メリット・デメリットと仕組みを解説

HUAWEI 歴代mateシリーズを比較:スペックを比較

nova compare

次は歴代mateシリーズのスペックを見ていきましょう。

  • カメラ
  • バッテリー容量
  • CPUスペック

どれもスマホを使うときには欠かせないところですね。

カメラ

まずはカメラを見ていきましょう。

公式サイトの情報から引っ張ってきてますが、F値が表記されていないものが多かったので、不明なところは「-」にしています

機種メインカメラ1 画質メインカメラ1 F値メインカメラ2 画質メインカメラ2 F値メインカメラ3 画質メインカメラ3 F値メインカメラ4 画質メインカメラ4 F値インカメラ 画質インカメラ F値
mate 71300万2------500万-
mate S1300万2------800万-
mate 91200万(カラー)2.22000万(モノクロ)2.2----800万1.9
mate 10 lite1600万-200万-----1300万/200万-
mate 10 Pro1200万(カラー)1.62000万(モノクロ)1.6----800万2
mate 20 lite2000万(メイン)-200万(サブ)-----2400万(メイン)/200万(サブ)-
mate 20 Pro4000万(メイン)-2000万(超広角)-800万(望遠)---2400万-
mate 30 Pro 5G4000万(メイン)-4000万(超広角)-800万(望遠)-3D深度測定カメラ-3200万/3D深度測定カメラ-

世代が増すごとに高性能化していくカメラ、mate20 Proからは超広角カメラ、望遠カメラを含めたトリプルカメラになっています。

さらにmate30 Pro 5Gは「3D深度測定カメラ」と言うものが搭載されています。

これはポートレート撮影をするときに効果を発揮するもので、被写体と背景をより区別して撮影することができます。

これ、動画でもポートレートが使えるので、スマホ一台で映画のような映像を撮ることもできちゃう感じです↓

出典:HUAWEI公式ホームページ

ドン・ヒロチョフ
スマホでこんな映像が撮影できるって、HUAWEIヤベェな…

バッテリー容量

次はバッテリー容量です。

[table “22” not found /]

mateシリーズは画面が6インチ以上がほとんどなので、バッテリーの容量も4000以上が多いですね。

ちなみに、iPhone11は「3110」なので、それと比べてもバッテリー容量が大きめです。

iphone battery

歴代iPhoneのバッテリー容量を比較

CPUスペック

次はCPUスペックです。

スマホの頭脳にあたるCPU、いいカメラや大容量のバッテリーがあってもCPUが悪ければそれを活かしきれません。

コア数:CPUには頭脳にあたるコアというものがあります。
この数が多いほど基本的には性能が高くなります。

GHz:どのくらいの速さで計算、処理ができるかを表します。
基本的には数字が大きいほど性能が高くなります。

メモリ:処理したデータを一時的に保存しておくところ。
こちらも数字が大きいほど性能が高くなります。

※実際はもっと複雑な要素があるので単純にはいかないのですが、とりあえず上記の認識でOKです

機種CPUコア数内容メモリ(GB)
mate 7Kirin925オクタコア4 × 1.8GHz
4 × 1.3GHz
2
mate SKirin935オクタコアA53X(4 x 2.2GHz)
A53(4 x 1.5GHz)
3
mate 9Kirin960オクタコアA73(4 x 2.4GHz)
A53(4 x 1.8GHz)
4
mate 10 liteKirin659オクタコアA53(4 x 2.36GHz)
A53(4 x 1.7GHz)
4
mate 10 ProKirin970オクタコアA73(4 x 2.36GHz)
A53(4 x 1.8GHz)
i7 コプロセッサ
Mali-G72 12コア GPU
NPU
6
mate 20 liteKirin710オクタコアA73(4 x 2.2GHz)
A53(4 x 1.7GHz)
4
mate 20 ProKirin980オクタコア2 x 2.6GHz
2 x 1.92GHz
4 x 1.8GHz
Mali-G76 10コアGPU
NPU
6
mate 30 Pro 5GKirin990 5Gオクタコア2 x 2.86GHz
2 x 2.36GHz
4 x 1.95GHz
Mali-G76 16コアGPU
NPU
8

「Kirin ○○○」となっているところがCPUの名前で、こんな法則があります。

Kirinの名前と法則
  • Kirin6○○:ミドルスペックのスマホに搭載されるCPU(普通に使う分には問題ない)
  • Kirin7○○:Kirin6○○の後継機(同じく普通に使う分には問題ない)
  • Kirin9○○:ハイスペックなスマホに搭載されるCPU(動画編集、ゲームに向いてる)

→○○の数字は大きいほど新しい

 

novaシリーズやPシリーズはKirin6○○が多かったのですが、フラグシップモデルと謳っているだけあって、Kirin9○○が多いですね。

実際の性能はどのくらい上がってるの??

CPUのコア数やGHzの値はわかりましたが、実際にどのくらい性能が上がってるのかはこれだけだとパッとわかりませんよね…

実は性能を測定するためのアプリ「Antutu」というものがあり、いろんなスマホの性能がまとめられています。

mateシリーズmate20 Proとmate20 liteが記載されてます。

同じHUAWEIでは「Pシリーズ」が何台か、novaシリーズは一台だけですが「nova 5T」が記載されていますね。

以下の表にHUAWEIの機種をまとめました。

機種名搭載しているCPUCPU性能GPU性能MEM性能UX性能Total Score
P30 ProKirin9801303201326487118565051399211
P30Kirin9801292161318506796065166394199
nova 5TKirin9801292521279776689263675387803
Mate 20 ProKirin9801288101269116510864465385302
P20 ProKirin97079227830355586544006262139
Mate 20 LiteKirin71072420244473716437331171368
P30 LiteKirin71066765233923663036226163019
P20 LiteKirin65946391107212990724944111971
同じKirinでも使っている環境によって結果が異なるようです

mate30 Pro 5Gは発売前ということもあってまだスコアが出ていないようです。

また、残念ながらmate7からmate10シリーズは少し古いからか、このランキングには記載されていませんでした…

とはいえ、mate10 liteとmate10 Proは同じHUAWEIのP20 Lite、P20 Proと同じCPUを搭載しているので、置き換えてみても問題ないでしょう。

ということで、先ほどの表からmateシリーズだけをチョイスし、さらにmate10 Proとmate10 liteを加えた表をまとめてみました。

機種名搭載しているCPUCPU性能GPU性能MEM性能UX性能Total Score
Mate 20 ProKirin9801288101269116510864465385302
Mate 10 ProKirin97079227830355586544006262139
Mate 20 LiteKirin71072420244473716437331171368
Mate 10 LiteKirin65946391107212990724944111971

mate10シリーズmate20シリーズではやはり世代が進んでいるからか、性能差が大きくなっていますね。

そして、liteとProでもかなり差があり、同じ世代でも倍以上違うみたいです。

また、スコアは出ていませんが、mate30 Pro 5GのCPUはmate20 Proと比較してもコアあたりのGHz、GPUのコア数が向上しているので、さらにスペックが上がっているのは間違いなさそうですね。

HUAWEI 歴代mateシリーズを比較:値段を比較

compare price

次は値段を比較していきましょう。

ここではAmazonでの値段を比較していきます。

機種値段(円)
mate 712800 〜 (中古のみ)
mate S11500 〜 (中古のみ)
mate 915880 〜 (中古のみ)
mate 10 lite19800 〜
mate 10 Pro34980 〜 (中古含む)
mate 20 lite23000 〜
mate 20 Pro108000 〜
mate 30 Pro 5G128800 〜 (見込み価格)

一番安いのは「mate S」ですが、割と古い機種なので当然といえば当然ですね…

コスパで考えるとmate 20 liteが良さそうです。

というのも、「3万を切る値段」「そこそこのカメラ」「SNSやYoutubeも問題なく見れる性能」とスマホとして必要な性能は大体揃っているので、サブ機として保有するのはアリかと思います。

  • とにかく安いスマホが欲しい!!

といった方にはおすすめですね。

HUAWEI 歴代mateシリーズを比較:まとめ

ということで、HUAWEIの歴代mateシリーズについて比較してきました。

値段の面で見ると同じHUAWEIのPシリーズやnovaシリーズの方が良さそうです。

しかし、5G対応端末があるというのは一つ大きな魅力になりそうですね。

ちなみに同じくHUAWEIから発売されているPシリーズ、novaシリーズについても同じように比較している記事を用意しています。気になる方はご覧になってみてください!!