【キャッシュレス】ポイント還元される決済方法まとめ【10月以降お得な決済は??】

cachless point お金

こんにちは、ちょふです!!

こちらの記事でもお話ししていますが、最近はPayPayやLinePayといったQRコード決済が流行っていますね!!

キャッシュレスが推進される理由とメリット・デメリット

さらに、10月からは政府が打ち出した消費者還元事業も始まりました。

でもこんな声が聞こえてきます…

  • 何が一番お得なの??
  • どれを使えばいいの??
  • 決済手段が多すぎてよくわからない…

ということで、今回は僕が実際に使っている決済方法について、お得にポイント還元される決済方法を紹介します!!

キャッシュレスの種類

code payment

そもそもキャッシュレスと言ってもいろいろな種類があります。

ドン・ヒロチョフ
種類がありすぎてよくわからん…

ざっくりいうとこの種類です。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • ICカード(おサイフケータイやQUICPay、ID、Suicaなど)
  • QRコード決済(PayPayやLINE Pay、楽天Payなど)

どれも現金を使わない決済方法なので、これらがキャッシュレス決済に当てはまります。

【キャッシュレス】ポイント還元率が高いキャッシュレス決済方法【ICカード偏】

point high reduction

先ほど説明したキャッシュレス決済方法の中で、僕が特に使っているのはICカードQRコード決済です。

【キャッシュレス】ICカードが一番お得

ICカードと言っても、QUICPayやID、Suicaなどいろいろありますが、僕が今一番おすすめするのは一つだけです。

それはApple Payを使うこと!!

AndroidユーザならGoogle Payですね。

ICカードではないですが、結局中身はQUICPayやIDなので同じこととします(笑)

実はJCBが20%還元キャンペーンを開催しています!!

ざっくり内容を説明すると…

  • 最大1万円の還元(2020年3月10日にキャッシュバック)
  • Apple PayまたはGoogle Payで支払う
  • 期間は2019年8月16日〜2019年12月15日

なので、5万円払ったら1万円が返ってくるということです。

例えばスーパーやコンビニの買い物をApple PayやGoogle Payで支払えばかなりお得になると思います。

注意点

注意点は「Apple PayまたはGoogle Payで支払う」、「期間が決まっている」以外にも2点あります。

  1. キャンペーンサイトから応募する
  2. キャンペーン対象になるクレジットカードが決まっている

キャンペーンサイトまたは電話で応募しないと20%還元が適用されないので気をつけてください。キャンペーン応募がこちらのキャンペーンページからできます。

また、クレジットカードならなんでもいいわけではありません。

以下のページに対象となるクレジットカードが記載されているので、応募する際はよく確認しておきましょう。

【キャッシュレス】QRコード決済も結構お得【ポイント2重とりしちゃおう】

最近流行りのQRコード決済、こちらもいろんな種類があってどれを使えばいいのか迷いますよね…

ドン・ヒロチョフ
なんちゃらPayが多すぎる…

ということで、ここでは僕が利用しているQRコード決済について説明します。

【キャッシュレス】楽天Payを使おう【どこでも5%還元 + α】

PayPayやLine Payで行われてた20%還元と比べるとインパクトは低いですが、楽天Payに対応するお店であればどこでも5%還元されます!!

このどこでもというのがポイントで、なんと消費者還元事業に参加していないお店でも5%還元してくれます!!

さらに、楽天Payに支払い元を楽天カードにしておくと楽天カードのポイント還元率が1%なので、合計6%相当のポイント還元を受けることができます。

還元されたポイントはお買い物やクレジット請求の金額を減らすこともできるので、使っておいて損はないですね。

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス!

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス!

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

今なら楽天カード入会で5000ポイントがもらえるので、持っていない方はこの機会に申し込んでみてもいいかもしれません。

注意点1 キャンペーンにエントリーしておこう

こちらのキャンペーンにも注意が必要です。

  1. キャンペーンにエントリーしておくこと
  2. 期間は2019年12月2日の9:59まで

キャンペーンエントリーは楽天Payのアプリからすぐできます。

楽天Payキャンペーン

注意点2 還元にも限度があるし、ややこしい

実は還元されるポイントには限度額があります。

  • 消費者還元事業 5%対象のお店は25000円相当まで
  • 消費者還元事業 2%対象のお店は10000円相当まで
消費者還元事業の還元限度はどのキャッシュレス決済でも同じです

さらに楽天Payはどのお店でも5%還元をうたっていますが、そのカラクリはこうなっています。

  • 5%対象店:5%は国から還元
  • 2%対象店:2%は国から還元、残りの3%は楽天から還元
  • 対象外の店:5%を楽天から還元

そのため、どこで払っても実質5%還元されるということになります。

この「楽天から還元」されるポイントは3000円相当までが限度となっています。

例えば、対象外のお店で60000円分のお買い物をして3000円相当のポイントが付与されます。
すでに「楽天から還元」されるポイントの限度額に達してしまったため、2%対象店で買い物をすると2%の還元のみとなってしまいます。

ドン・ヒロチョフ
ややこしすぎだろ…

【キャッシュレス】Origami Payも使ってみよう【どこでも5〜8%還元】

Origami Payについては以前、こちらの記事で説明しています。

【キャッシュレス】コード決済で還元率が一番高い方法【2019年9月まで】

こちらの記事では、Origami Pay + Kyash + クレジットカードの組み合わせが最強、という説明をしていました。

しかし、Origami PayもKyashもポイント還元率が下がってしまったのでこの組み合わせは最強はなくなりました…

  • Origami Pay クレジット支払いの還元 2% → 1%
  • Kyash キャッシュバック 2% → なし (代わりにkyashポイントが最大1%)

なので、10月からは銀行口座連携が最強ということになりました。

その還元率はどこでも3%OFF!!

加えて、消費者還元事業の対象になるお店で支払うと2%か5%分のポイントが還元されます。

つまり、5%か8%の還元が得られるということになります。

Origami スマホ決済アプリ

Origami スマホ決済アプリ

Origami Inc.無料posted withアプリーチ

注意点 まだまだ使えるお店が少ない

Origami Payは特にキャンペーン申込などは必要ありませんが、何点か注意する必要があります。

  1. 期間は2020年1月31日まで
  2. 使えるお店が少ない
  3. 消費者事業5%還元のお店だとPayPayの方がお得
  4. 限度額がある

期間は楽天Payより長いのでそこは良いのですが、使えるお店が少ないのと、5%還元対象のお店だとPayPayの方がお得になってしまうことです。

Origami Payが使えるお店はPayPayも使えるお店がほとんどなので、Origami Payを使う場面は結構少ないかもしれません…

また、楽天ペイと同じように限度額があり、Origami Payからは3000円相当までとなっています。

【キャッシュレス】PayPayも良いね【最大11%還元】

今一番有名なQRコード決済はPayPayですね。

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

20%還元や半額還元などいろいろキャンペーンを打ち出してきたPayPayですが、10月以降は少し大人しめです。

通常のポイント還元率も3% → 1.5%に減ってしまい、最大10%還元キャンペーンも店舗が限定されているので、少しお得感が減ってしまった印象です。

とはいえ、現金払いやクレジット払いよりはポイント還元率が高いことは間違いありません。

  • 最低でも1.5%のポイント還元
  • Yahooカードチャージなら、チャージ金額の1%相当のTポイントが付く

つまり、低くても2.5%相当の還元が得られるので、楽天PayもOrigami Payも使えないお店であれば、現金や下手なクレジットよりはお得になります。

また、10%還元キャンペーン対象のお店なら、チャージしたときのポイントも含めると11%になります。

まだYahooカードを持っていない方はこのタイミングで申し込んでみるのも良いでしょう。

年会費も無料Tポイント還元率は1%とそこそこ高めなのでおすすめします

注意点 消費者還元事業 5%還元以外のお店では還元率低め

  • 期間は2019年11月30日まで
  • 消費者事業5%還元以外のお店だと楽天PayやOrigami Payの方がお得
  • 限度額がある

10月からポイント還元率が下がったため、5%還元のお店以外では楽天PayやOrigamiPayの方がお得になります。

また、PayPayも他のキャッシュレス決済と同じように還元の限度額があります。

  • 消費者還元5%のお店ではPayPayからプラスで5%還元(25000円相当)
  • その他のお店では最大1.5%還元(15000円/月相当まで)

5%還元対象のお店では楽天PayやOrigamiPayより還元率も高く限度額も高いので、その点では他よりお得かもしれませんね。

【キャッシュレス】ポイント還元のまとめ

kyashlesssuishin

キャッシュレス決済、還元率や期間などの縛りがあってまだわかりにくいですね…

ということで一覧にしてみました。
(赤色にしたところがお得な還元率です)

種類 還元率 期間
消費者還元
5%対象のお店
消費者還元
2%対象のお店
消費者還元
対象外のお店
Apple Pay または Google Pay 20%
(10000円まで還元)
2019年12月15日まで
楽天Pay 5%
(25000円相当まで還元)
5%
(10000円と3000円相当まで還元)
5%
(3000円相当まで還元)
2019年12月2日 9:59まで
Origami Pay 8%
(25000円と3000円相当まで還元)
5%
(10000円と3000円相当まで還元)
3%
(3000円相当まで還元)
2020年1月31日まで
PayPay 10%
(25000円ずつ相当まで還元)
3.5%
(10000円と15000円相当まで還元)
1.5%
(15000円相当まで還元)
2019年11月30日まで

結局、どうするのが良いか、というのを僕なりにまとめてみました。

  1. QRコード決済が使えないお店はApple Pay、Google Payを利用
  2. コンビニ2%還元対象のお店事業者還元対象外のお店楽天Pay
  3. 5%還元対象のお店PayPay
  4. 12月からOrigami Pay

ひとまずは、Apple Payと楽天Pay、 PayPayを入れておけばOK!!ということです!!

増税やポイント還元などとてもややこしいですが、少しでも出費を減らすためにもポイント還元は積極的に使っていきましょう!!