AppleのA15 BionicとA16 Bionicを比較【iPhone 13 Pro/14/Pro】

a15 a

2022年9月16日にiPhone 14/14 Proが発売されましたね。

購入を検討している方もいると思いますが、実はiPhone 14/14 Proはカメラや機能以外にも違いがあります。

それは搭載しているCPUがA15 BionicA16 Bionicという2種類に分かれています。

そこで疑問に思ったのですが…

わたし
  • A15 Bionicと、A16 Bionicってどのくらい性能が違うの??
  • iPhone 14と14 Proは何が違うの??
  • iPhone 13と1413 Proと14 Proは何が違うの??
  • コストパフォーマンスを考えたらどっちがいいの??

この疑問を解決するためにA15 BionicA16 Bionicを比較してみました。

A15 BionicとA16 Bionicが搭載されている端末

tablet pc
端末

まずはA15 BionicA16 Bionicが搭載されている端末を解説します。

ちなみにこの情報は2023年1月時点のものになります。

A15 Bionicを搭載している端末

まずはじめにA15 Bionicを搭載している端末はこちら。

Apple A15 Bionicを搭載している端末
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 14/14 Plus
  • iPad mini 第6世代
  • iPhone SE3
  • Apple TV 4K

A16 Bionicを搭載している端末

次にA16 Bionicを搭載している端末がこちら。

Apple A16 Bionicを搭載している端末
  • iPhone 14 Pro/14 Pro Max

A15 BionicとA16 BionicのCPU/GPU性能を比較

compare
比較

次にA15 BionicA16 BionicのCPU/GPU性能を比較していきます。

利用したベンチマークツール

  • CPU性能:Geek Bench5
  • GPU性能:iGPU-FP32

A15 BionicとA16 BionicのCPUスペックを比較

プロセッサーベンチマーク
A15 Bionic4777
A16 Bionic5355
CPUベンチマーク

A15 Bionicと比較して、A16 Bionicのほうが約1.12倍ほどスペックがいいことがわかりますね。

このくらいの差であれば普通の使い方であればほとんど違いはわからないと思います。

ほんの少しアプリのインストールが早かったり、再起動の時間が早くなるくらいですね。

A15 BionicとA16 BionicのGPUスペックを比較

次にGPUスペックを比較します

ちなみにA15 BionicはGPUコアが4コアモデルと5コアモデルの2種類があります。

iPhone 14は5コアモデルですが、一応4コアモデルも比較してみましょう。

プロセッサーベンチマーク
A15 Bionic
4コアモデル
1200
A15 Bionic
5コアモデル
1500
A16 Bionic2000
GPUベンチマーク

A15 Bionic(5コアモデル)と比較してA16 Bionic約1.3倍スペックが上がってますね。

そこまで大きな進歩には見えませんが、それでも3Dのゲームをするときでもラグが少なくなったりします。

つまり、よりなめらかな映像でゲームが楽しめるということですね。

A15 BionicとA16 Bionicを搭載している端末の値段を比較

price
お値段

次はA15 BionicA16 Bionicを搭載している機器の値段を比較していきます。

intelやAMDのCPUと違って単体では購入できないので、端末の値段を比較します。

端末ストレージ容量(GB)CPU値段
(税込み)
iPhone SE364A15 Bionic
4コアモデル
62800
iPhone SE3128A15 Bionic
4コアモデル
69800
iPhone SE3256A15 Bionic
4コアモデル
84800
iPad mini 第6世代64A15 Bionic
5コアモデル
78800
iPad mini 第6世代256A15 Bionic
5コアモデル
102800
iPhone 13128A15 Bionic
4コアモデル
107800
iPhone 13256A15 Bionic
4コアモデル
122800
iPhone 13512A15 Bionic
4コアモデル
152800
iPhone 13 mini128A15 Bionic
4コアモデル
92800
iPhone 13 mini256A15 Bionic
4コアモデル
107800
iPhone 13 mini512A15 Bionic
4コアモデル
137800
iPhone 14128A15 Bionic
5コアモデル
119800
iPhone 14256A15 Bionic
5コアモデル
134800
iPhone 14512A15 Bionic
5コアモデル
164800
iPhone 14 Plus128A15 Bionic
5コアモデル
134800
iPhone 14 Plus256A15 Bionic
5コアモデル
149800
iPhone 14 Plus512A15 Bionic
5コアモデル
179800
iPhone 14 Pro128A16 Bionic149800
iPhone 14 Pro256A16 Bionic164800
iPhone 14 Pro512A16 Bionic194800
iPhone 14 Pro1024A16 Bionic224800
iPhone 14 Pro Max128A16 Bionic164800
iPhone 14 Pro Max256A16 Bionic179800
iPhone 14 Pro Max512A16 Bionic209800
iPhone 14 Pro Max1024A16 Bionic239800

A15 Bionicを搭載していて一番安いのはiPhone SE3ですね。

A15 Bionicの5コアモデルで絞るとiPad miniが一番安いです。

わたし

とはいえ、2022年の急激な円安で全体的に値上がりしているのはツラい…

ちなみにiPhone 13と14は同じ容量だと12000円の差しかないので悩ましい差ですね。

iPhone 13/13 Pro/14/14 Proの違いをチェック

次にiPhone 13/14iPhone 14/14 Proの違いを見てみましょう。

スペックと値段もそうですが、機能も違っているのでそういった点をチェックしていきます。

iPhone 13/14を比較

iPhone 13A15 Bionicの4コアモデルiPhone 14A15 Bionicの5コアモデルを搭載しています。

値段は同じ容量で12000円の違いがありますが、それだけの価値があるのかを見ていきましょう。

衝突事故検出機能が追加

iPhone 14からは衝突事故検出という機能が追加されました。

車での事故などが発生した時に自動で緊急連絡先に通報してくれる便利な機能です。

ただし、2023年1月時点では日本でのサービスは開始されていませんし、まだまだ誤動作が多いようです。

わたし

スキーでこけただけで動作するみたい

まぁある意味事故かもしれませんが…

まだ使える機能ではないので、将来への投資的な意味になりますね。

カメラにアクションモードが追加

iPhone 14からカメラにアクションモードというものが追加されました。

手ブレが全くない状態でムービーが撮れるというものです。

そういった凝ったムービーを撮りたい人には念願の機能ですね。

iPhone 14/14 Proを比較

次はiPhone 14/14 Proの違いをチェックします。

iPhone 14A15 Bionic 5コアモデルiPhone 14 ProA16 Bionicを搭載しています。

値段は3万円の差があり、それだけ差があるのでしょうか??

ProMotionディスプレイを搭載

iPhone 14 ProProMotionディスプレイを搭載しています。

ProMotionディスプレイ

リフレッシュレートが通常60Hzのところ120Hzまで動作し、より滑らかに画面が表示される

1秒間に120回画像を更新できるということ

パラパラ漫画が1秒で120枚パラパラされるイメージです

FPSゲームなんかをする人にとっては嬉しい機能ですね。

常時表示ディスプレイ

iPhone 14 ProではiPhoneとして初めて常時表示ディスプレイを搭載しました。

わたし

ずっと画面が表示されてたらバッテリーの消費が激しいのでは??

と思いますが、さっきのProMotionディスプレイとの組み合わせで1Hzまでリフレッシュレートを落とすことができます。

つまり1秒に1回だけ画面を更新すればいいので、電力消費はかなり抑えられるというわけです。

Dynamic Islandを搭載

iPhone 14 Proで初めて搭載されたDynamic Island、これは説明するよりも画像を見た方が早いですね。

Dynamic Island

今まではフロントカメラなどのセンサーはフレームの一部でしたが、画面の一部に組み込まれる形になりました。

これはデザイン的な変更なので、機能が大きく変わったというところではないですね。

カメラが進化

iPhoneのProモデルはメインカメラ、超広角カメラ、望遠カメラの3カメラシステムでしたが、iPhone 14 Proからはメインカメラが12MPから48MPに大幅進化しました。

これによってさらにきめ細かい写真を撮ることができるようになります。

特に写真を拡大した時にかなり差が出てくると思います。

他にもマクロ撮影という接写モードや夜でもポートレートが撮れたりするので、カメラにこだわりたい人にはオススメですね。

iPhone 13/14と14/14 Proの違いまとめ

ということで違いをまとめます。

iPhone 13/14の違い
  • 衝突事故検出
  • カメラにアクションモードが追加

あとはCPUが少しだけ良くなっているので、そこに12000円の価値があると思えるかどうかですね。

iPhone 14/14 Proの違い
  • ProMotionディスプレイ搭載
  • DynamicIsland搭載
  • カメラが大幅進化

iPhone 14 ProはCPUもA15 BionicからA16 Bionicへ進化し、本体もアルミではなくスチールなので見た目も高級感があります。

こういった点に3万円分の価値があると思える人にはiPhone 14 Proはオススメですね。

ちなみにiPhone 13 Proと14 Proの違いはこんな感じ。

iPhone 13 Pro/14 Proの違い
  • 衝突事故検出
  • カメラにアクションモードが追加
  • ProMotionディスプレイ搭載
  • DynamicIsland搭載
  • カメラが大幅進化

iPhone 13 Proと14 Proを比べるとカメラを中心にかなり機能が追加されてますね。

A15 BionicとA16 Bionicを比較:まとめ

ということでA15 BionicA16 Bionicについて性能と値段を比較してみました。

A15 BionicとA16 Bionicを比較した結果
  • A16 BionicA15 BionicよりCPUが1.12倍、GPUが1.3倍良い
  • iPhone SE3、iPad miniが一番安い
  • 機能と価格差が絶妙なので、そこに納得できるかがポイント

A15 Bionicを搭載する端末で一番コスパがいいのはiPhose SE3ですね。

わたし

iPhoneの選び方には悩むところが多いけど、性能、値段などをしっかり比べてみよう

なお、iPhone SE3は楽天かYahooショッピングで購入すると、公式サイトより1万円ほど安く変えます。※2022年12月時点

個人的には楽天が買うのが一番ポイント還元もあったりしてお得でしたね。

とはいえ、場合によってはAmazonだったり公式ショップの方が安い場合もあったりします。

なので、どういった時にどこが安いのかというのを以下の記事にまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

where store ipad great price

ちなみに、iPhone 8からiPhone SE3に乗り換えを検討している方はA11 BionicとA15 Bionicを比較した記事をチェックしてみてください。

より性能が上がっていることがわかると思います。

a11 and a15 compare