【ボクシング】スーパーフェザー級世界ランキング一覧【井上尚弥、真の最終章??】【随時更新】 

supermiddle weight ranking

こんにちは、この記事ではボクシング世界スーパーフェザー級ランキングをまとめました!!

スーパーフェザー級というと過去を遡れば古くは小林弘さんや柴田国明さん、あのカリスマボクサー畑山隆則さん、そして国内防衛記録3位を誇る内山高志さんといったチャンピオンがいた階級です。

さらに、あの井上尚弥選手が挑戦するかもしれないと言われている階級です。

そんなスーパーフェザー級(57.153~58.967kg)について、世界ランキングの上位にランクインしている選手をまとめました!!

WBA、WBC、WBO、IBF、リングマガジンにランクインされているボクサーをまとめましたので、是非チェックしてみてください!!

  • 選手の名前は英語名をGoogle翻訳してるのでご了承ください
  • 表示の順番は独自の基準で記載しています
    (チャンピオンである、複数団体にランクインしている、などが上位に来る理由です)
  • スーパー王座、暫定王座、休養王座は「スーパー」、「暫定」など省略します
  • Top10以上にランクインしている選手のみ記載しています

【ボクシング】世界スーパーフェザー級ランキング一覧

更新日
  • WBA:2024/6/30 更新
  • WBC:2024/6/15 更新
  • IBF:2024/6/11 更新
  • WBO:2024/6/15 更新
  • RING:2024/7/6 更新
名前WBAWBCIBFWBORING
エマヌエル・ナバレッテ---王者1
ラモン・ローチJr王者---4
オスカル・バルデス---暫定3
アンソニー・カカセ--王者-5
ロブソン・コンセイサオ-王者--8
力石政法-337-
リー・ウッド37-4-
マーク・マグサヨ5689-
尾川堅一--45-
オタール・エラノシャン1---9
アルバート・ベル---110
エドワルド・ニュネス--1--
チャーリー・スアレス--66-
オシャキー・フォスター----2
ヘンリー・レブロン--58-
ジョノ・キャロル2----
アンドレス・コルテス---2-
エドワルド・ヘルナンデス-2---
ゼルファ・バレット4-10--
アーチー・シャープ---3-
エイブラハム・ノヴァ-4---
ジョー・コルディナ--9-6
ムハマドフージャ・ヤグボフ-5---
スルタン・ザルベック6----
ヘクター・ルイス・ガルシア----7
シャフカッツ・ラキモフ--7--
アルベルト・バティルガジエフ7----
クリストファー・ディアス8----
ジョーダン・ホワイト910---
レイモンド・フォード-8---
マイケル・マグネシー-9---
ジャクソン・ジョン・イングランド---10-
ゾーラ・ハマザリアン10----

【ボクシング】世界スーパーフェザー級ランキング:気になる選手を解説

一覧だけだと面白くないので、個人的に気になっている選手たちをピックアップして解説していきます。

ラモン・ローチ

ローチのプロフィール
  • 戦績:27戦25勝10KO1敗1分
  • 身長:170cm
  • リーチ:173cm
  • 出身:アメリカ
  • 構え:オーソドックス
https://twitter.com/OneOf1x/status/1538646806174781440

WBA世界スーパフェザー級王者であるラモン・ローチ

彼は2019年11月9日に当時のWBO世界スーパーフェザー級チャンピオンであるジャメル・ヘリングに挑戦し、0-3で敗北してしまいました。

それから約4年たち、WBA世界スーパーフェザー級チャンピオンのヘクター・ルイス・ガルシアに挑戦しました。

非常に競った内容になりましたが、最終ラウンドにダウンを奪い、見事2-1で判定勝利を収め、世界チャンピオンに輝きました。

あのダウンがなければ負けていた可能性もあったので、劇的な勝利だったと思います。

2024年6月28日に初防衛戦が行われ、見事8RTKO勝利を飾りました。

リー・ウッド

ウッドのプロフィール
  • 戦績:31戦28勝17KO3敗
  • 身長:170cm
  • リーチ:170cm
  • 出身:イギリス
  • 構え:オーソドックス
https://twitter.com/itsLeighWood/status/1662683010272043010

元WBA世界フェザー級チャンピオンのリー・ウッド

彼は2021年7月31日に当時の王者シュ・ツァンに挑戦して勝利し、初の王座を獲得しました。

その後はマイケル・コンランを相手に初防衛に成功しましたが、2023年2月18日にマウリシオ・ララとの防衛戦でまさかの逆転TKO負けを喫してしまいました。

その後、2023年5月27日にダイレクトリマッチで3-0の判定勝利を納め、再び王者に返り咲きました。

そして2023年10月7日には元IBF王者のジョシュ・ワーリントンとの激しい乱打戦の末、TKO勝利を収めました。

ちなみに彼は昔、あの井上尚弥選手のスパーリングパートナーとして来日したことがあるそうです。

当時はバンタム級に初挑戦する直前だったそうで、その時すでにウッドはフェザー級のトップファイターでした。

そんな彼を井上選手は一方的にスパーリングを支配していたそうです…

ちなみにワーリントンとの試合を終えて王座を返上し、スーパーフェザー級へ転向するそうです。

彼のボクシングがスーパーフェザーでも通用するのか注目ですね。

ジョー・コルディナ

コルディナのプロフィール
  • 戦績:18戦17勝9KO1敗
  • 身長:175cm
  • リーチ:175cm
  • 出身:イギリス
  • 構え:オーソドックス
https://twitter.com/JoeCordina_91/status/1652690805125963777

現IBF世界スーパーフェザー級チャンピオンのジョー・コルディナ

彼は2022年6月4日に当時のチャンピオンであった尾川堅一に挑戦しました。

戦前の予想では尾川選手有利の下馬評でしたが、なんと2Rに衝撃のワンパンチKOでコルディナが勝利を収めました。

尾川 VS コルディナ ハイライト

初防衛の難しさを表したような試合でしたね…

その後ラキモフとの防衛戦が予定されていましたが、拳の負傷により延期。

それによって一度ベルトを剥奪されてしまいましたが、2023年4月23日に行われたラキモフとの試合で2-1の判定勝利により再度ベルトを獲得しました。

2023年11月4日にはエドワード・バスケスとの防衛戦にも勝利しましたね。

そして2024年5月18日にはあのタイソン・フューリーVSオレクサンドル・ウシクのアンダーカードでアンソニー・カカセとの防衛戦が行われました。

結果はなんと3Rにダウンを奪われた上での8RTKO負けを喫してしまいました…

オシャキー・フォスター

フォスターのプロフィール
  • 戦績:25戦22勝12KO3敗
  • 身長:174cm
  • リーチ:183cm
  • 出身:アメリカ
  • 構え:オーソドックス
https://twitter.com/OshaquieFoster/status/1681848250544922625

元WBC世界スーパーフェザー級チャンピオンのオシャキー・フォスター

彼は2023年2月11日に行われた王座決定戦であのレイ・バルガスと戦いました。

下の階級から上げてきたバルガスのほうが有利と見られていましたが、結果は3-0の大差判定でフォスターが勝利を収めました!!

敗北も味わってきたフォスターがようやくベルトを獲得できた形になりましたね。

そして2023年10月28日には敵地メキシコに乗り込んでの初防衛にもなんとか成功しました。

2024年2月16日にはエイブラハム・ノバとの防衛戦に僅差ですがダウンを奪っての2-1で勝利を収めました。

そして2024年7月6日にはロブソン・コンセイサオとの防衛戦が行われました!!

結果はなんと1-2の判定で惜しくも敗れてしまい、王座陥落してしまいました…

しかし判定内容にはかなり物議を呼びそうな感じでしたので、これは再戦もあり得そうですね。

エマヌエル・ナバレッテ

ナバレッテのプロフィール
  • 戦績:40戦38勝31KO1敗1分
  • 身長:170cm
  • リーチ:183cm
  • 出身:メキシコ
  • 構え:オーソドックス

現WBO世界スーパーフェザー級チャンピオンであるエマヌエル・ナバレッテ

彼はスーパーバンタム級、フェザー級、そしてこのスーパーフェザー級でベルトを獲得し、3階級制覇を達成している強豪です。

2019年5月11日に当時のWBO世界スーパーバンタム級チャンピオンであったアイザック・ドグボエに挑戦し、12RTKO勝利を収め、そこから4連続KO防衛に成功します。

そしてわずか1年後の2020年10月9日にルーベン・ヴィラとのWBO世界フェザー級王座決定戦を争うことになりました。

ナバレッテ VS ヴィラ ハイライト

この試合は僅差ではありましたがダウンを奪って3-0の判定勝利を収め、2階級制覇を達成します。

そして2023年2月3日にWBO世界スーパーフェザー級王座を掛けてライアム・ウィルソンと戦いました。

この試合ではナバレッテが4Rにダウンを奪われ最大のピンチを迎えることになりました。

ナバレッテ VS ウィルソン ハイライト

しかしそこから猛反撃を加え、9RにTKO勝利を収め見事3階級制覇を達成しました。

ですが、2023年8月12日に行われたオスカル・バルデスとの試合で大差の判定勝利を収めたことで一気に評価が上がりました。

そして2023年11月16日(日本時間17日)にはトップファイターのロブソン・コンセイサオとの試合が行われました。

結果はなんと1-0のドロー。

コンセイサオが全体的に手数で上回りましたが、3Rと7Rにナバレッテがダウンを奪ったのでポイント的にはほぼ互角の内容になりました。

個人的には再戦で白黒つけてもらいたいと思っていましたが、なんと2024年5月18日にまさかのWBO世界ライト級王座決定戦としてデニス・ベリンチックとの試合が行われました!!

前評判はナバレッテ有利でしたが、1-2の判定負けを喫し4階級制覇とはならず…

さすがに階級アップのペースが早すぎた気はしますね。

これからもライト級で戦うのか、スーパーフェザーに戻すのか、今後も注目です。

【ボクシング】世界スーパーフェザー級ランキング一覧:まとめ

以上、ボクシングスーパーフェザー級世界ランキング一覧と気になるボクサーの解説でした!!

ランキング変動がよくあるので、ちょくちょく更新していきます。

ちなみに下の階級であるフェザー級や、1つ上の階級であるライト級など他の階級についてもまとめていますのでそちらもご覧になってみてください。

それでは!!

よかったらシェアをお願いします!!