【ボクシング】スーパーフライ級世界ランキング一覧【ドネア最後の挑戦!?】【随時更新】

superfly 趣味

こんにちは、この記事ではボクシング世界スーパーフライ級ランキングをまとめました!!

スーパーフライ級というとローマン・ゴンザレスファン・フランシスコ・エストラーダ井岡一翔ジェシー・ロドリゲス田中恒成といった有名かつ強いボクサーがうようよいる階級です。

さらに、WBOフライ級チャンピオンの中谷潤人、そしてあのノニト・ドネアが転級を示唆しています!!

そんなスーパーフライ級(50.802~52.163kg)について、世界ランキングの上位にランクインしている選手をまとめました!!

WBA、WBC、WBO、IBF、リングマガジンにランクインされているボクサーをまとめましたので、是非チェックしてみてください!!

  • 選手の名前は英語名をGoogle翻訳してるのでちょっと違和感があるかもしれません
  • 表示の順番は偏見(チャンピオンであること、複数団体にランクインしていること、など)

【ボクシング】世界スーパーフライ級ランキング一覧

補足説明
  • 更新日はこちら↓
  • 複数団体にランクイン、またはTop10以上にランクインしている選手を表記
  • 順序は重みをつけているので、違和感はあるかもしれませんがご了承ください。
名前WBAWBCIBFWBORING
ファン・フランシスコ・エストラーダ----王者
井岡一翔---王者2
ジェシー・ロドリゲス-王者--3
フェルナンド・マルチネス--王者-4
ジョシュア・フランコ王者---5
ローマン・ゴンサレス11--1
田中恒成-4519
アンドリュー・モロニー559410
ノルベルト・ジメネス93-2-
フランシスコ・ロドリゲス--437
チャーリー・エドワーズ8-3--
ジェイド・ボルネア--110-
シーサケット・ソー・ルンビサイ-6--6
ダビド・ケイラー6--6-
ペドロ・ゲバラ-2---
ジョン・ラミレス2----
ヘルウィン・アンカハス--6-8
シーチャイ・テイヤン3----
ヤンガ・シグチーボ-9-5-
ドニー・ニエテス107-8-
ケイバー・フェルナンデス4----
モハメド・ウバーディ--7--
ロナール・バチスタ7----
KJ・カタラハ---7-
石田匠--8--
ランディ・エングラス-8---
クリスチャン・エドアルド・バカセグア---9-
カルロス・クアドラス-10---
ジョナサン・ジェイビエール・ロドリゲス--10--

【ボクシング】世界スーパーフライ級ランキング:気になる選手を解説

一覧だけだと面白くないので、個人的に気になっている選手をピックアップして解説していきます。

ローマン・ゴンザレス

ロマゴンのプロフィール
  • 戦績:54戦51勝41KO3敗
  • 身長:160cm
  • リーチ:163cm
  • 出身:ニカラグア
  • 構え:オーソドックス

日本でも有名なローマン・ゴンザレス、通称ロマゴン!!

海外ではチョコラティートの愛称で親しまれています。

彼はかつてPFP1位にも選ばれるほど、初黒星を喫するまでは圧倒的強さで評価を集めていました。

2008年9月15日には日本の新田豊が持つWBA世界ミニマム級王座に挑戦し、4RTKOで勝利しました。

さらに2011年3月19日にはマヌエル・バルガスが持つWBA世界ライトフライ級王座に挑戦、12Rのフルマークで判定勝利!!

さらにさらに、2014年9月5日にはあの八重樫東が持つWBC世界フライ級王座に挑戦し、9RTKO勝利で3階級制覇を成し遂げました!!

そして、2016年9月10日にはカルロス・クアドラスが持つWBC世界スーパーフライ級王座に挑戦して3-0の判定勝利を収め、46戦無敗のまま4階級制覇を達成しました!!

しかしその後はシーサケット・ソー・ルンビサイに2連敗してしまい、評価を落とすことになります。

その後はWBAスーパー世界スーパーフライ級を持つカリド・ヤファイに挑戦して王座を獲得するも、ファン・フランシスコ・エストラーダとの2団体統一に失敗してしまいPFPランキングからは外れてしまいました…

とはいえスーパーフライ級戦線では未だトップ選手であることは間違いありません。

そして、2022年12月3日(日本時間では4日になると思います)にエストラーダとの3戦目が決定しました‼︎

日本にもファンは多いと思いますので、今後の展開が楽しみですね!!

ファン・フランシスコ・エストラーダ

エストラーダのプロフィール
  • 戦績:46戦43勝28KO3敗
  • 身長:163cm
  • リーチ:168cm
  • 出身:メキシコ
  • 構え:オーソドックス

世界3階級制覇王者のエストラーダ、2022年9月現在スーパーフライ級最強と言われている選手です。

彼が評価を上げたのはスーパーフライ級で評価されている選手に勝利してきたことがポイントになります。

先述のロマゴン、そのロマゴンに2連勝を上げたシーサケット・ソー・ルンビサイ、ベテラン強豪のカルロス・クアドラスに勝利してきました。

2022年9月現在はどの団体のベルトも持っていませんが(RING誌のベルトは持っています)、ロマゴンとの3回目の試合が予定されているようですね。

さらに、階級を下げてくるドネアとの試合も今後ありえるかもしれませんね…

そして、2022年12月3日(日本時間では4日になると思います)にロマゴンとの3戦目が決定しました‼︎

年末が楽しみになってきますね‼︎

井岡一翔

井岡のプロフィール
  • 戦績:31戦29勝15KO2敗
  • 身長:165cm
  • リーチ:166cm
  • 出身:日本
  • 構え:オーソドックス

ここで日本人の登場です!!

日本人男子ボクサーとして初めて4階級制覇を成し遂げた井岡一翔!!

彼はWBA/WBC世界ミニマム級2団体統一王者WBA世界ライトフライ級王座WBA世界フライ級王者、そして現在はWBO世界スーパーフライ級王者として君臨しています。

ロマゴンやエストラーダと比べるとビッグネームとはあまり戦っていませんが、チェスのような理詰めの戦いで有識者の間では高い評価を得ています。

2022年7月13日にドニー・ニエテスとの再戦でほぼフルマークの判定勝利を収めました。

これからは他団体王者との試合を目指していくようですが、なかなか環境に恵まれていないのが現状ですね…

もともと2021年の年末には当時のIBF世界スーパーフライ級王者ヘルウィン・アンカハスとの統一戦が組まれていましたが、コロナの影響で延期に…

しかもそのアンカハスは2022年2月26日に敗北して王座陥落してしまい、統一戦の話も流れてしまいました…

しかし、あのロマゴンや階級を下げると言われているドネアからもラブコールをうけており、今後の動向が楽しみですね!!

ちなみにあの井上尚弥選手との対戦も噂されたこともありましたが、お互い階級が違うことと、井岡選手が今はスーパーフライ級が適正階級とのことでしたから、実現の可能性はかなり低そうですね…

田中恒成

田中のプロフィール
  • 戦績:18戦17勝10KO1敗
  • 身長:164cm
  • リーチ:164cm
  • 出身:日本
  • 構え:オーソドックス

またまた日本人の登場です!!

世界最速(ロマチェンコとのタイ記録)で3階級制覇を達成した田中恒成!!

WBO世界ミニマム級、WBO世界ライトフライ級、WBO世界フライ級王座を獲得しており、現在はスーパーフライ級で世界王座獲得を狙っています。

2020年12月31日にWBO世界スーパーフライ級王者、井岡一翔に挑戦し世界最速4階級制覇を狙いましたが、あえなく8RTKOで敗北を喫してしました。

しかし試合内容としては日本人同士としてはとてつもなくハイレベルな内容でしたので、2020年の日本年間最高試合に選ばれるほどでした。

現在はファイトスタイルを見直し、2022年6月29日に当時のWBOアジアパシフィック王者の橋詰将義に圧勝しました!!

どの団体に挑戦するのかはまだわかりませんが、ぜひ4階級制覇を達成してもらいたいですね!!

ジェシー・ロドリゲス

ロドリゲスのプロフィール
  • 戦績:17戦17勝11KO
  • 身長:163cm
  • リーチ:170cm
  • 出身:アメリカ
  • 構え:サウスポー

彼はジェシー・”バム”・ロドリゲス、突如スーパーフライ級戦線に参戦したアメリカの若手ボクサーです!!

彼は2022年2月5日にカルロス・クアドラスと対戦しました。

もともとこの試合はクアドラスとシーサケットとのWBC王座決定戦だったのですが、シーサケットがコロナにより欠場してしまったため、代役としてロドリゲスが出場しました。

ロドリゲスはライトフライ級、フライ級を主戦場としていたため、階級差による不利は否めないと思っていましたが…

なんと、ベテランのクアドラスからダウンを奪うなどして3-0で圧勝したことで一気に評価を上げました!!

さらに、2022年6月25日にはロマゴンを2度も退けたシーサケットと対戦、シーサケットのパワーに対応できるかどうかと思われましたが、試合は一方的な展開になり、8RTKOで勝利を収めました!!

今後はロマゴンやエストラーダ、井岡、階級を上げてくる中谷、階級を下げてくるドネアとの絡みが気になるところです。

ですが、ロドリゲス本人は階級をスーパーフライ級から下げると言っているようなので、今後どうなることでしょう…

【ボクシング】世界スーパーフライ級ランキング:今後参戦予定の選手

ここからは少し番外編になりますが、今後スーパーフライ級に参戦すると言われている選手について解説していきます。

中谷潤人

中谷のプロフィール
  • 戦績:23戦23勝18KO
  • 身長:170cm
  • リーチ:170cm
  • 出身:日本
  • 構え:サウスポー

現WBO世界フライ級王者中谷潤人選手、彼は2022年11月1日の京口vs拳四朗のアンダーカードでスーパーフライ級デビューを予定しています。

170cmの身長/リーチを誇りフライ級では規格外のフレームで、スーパーフライ級でも体格面で有利と見られています。

インファイト、アウトボックス、デフェンス、どの面でも優れていると言われており、スーパーフライ級参戦が期待されています!!

ロマゴン、エストラーダ、ロドリゲス、井岡、誰とぶつかっても勝負論が成り立ちそうだと思いますが、どうなることでしょうか!?

ノニト・ドネア

ドネアのプロフィール
  • 戦績:49戦42勝28KO7敗
  • 身長:170cm
  • リーチ:174cm
  • 出身:フィリピン
  • 構え:オーソドックス

IBF世界フライ級、WBA暫定世界スーパーフライ級、WBC/WBO世界バンタム級、IBF/WBO世界スーパーバンタム級、WBAスーパー世界フェザー級、そしてWBAスーパー世界バンタム級、WBC世界バンタム級(2度目)といくつもの世界タイトルを獲得してきたレジェンド、ノニト・ドネア選手が12年振りにスーパーフライ級への参戦を表明しました!!

フィリピンの閃光」のニックネームを持ち、ボクシング史上7人しかいない5階級制覇を成し遂げたレジェンドです。

5階級制覇はトーマス・ハーンズ、シュガー・レイ・レナード、オスカー・デ・ラ・ホーヤ、フロイド・メイウェザー・Jr.、マニー・パッキャオなどレジェンド揃い

しかし、スーパーフライ級は暫定王座だったため、世界的には4階級制覇王者と見られています。

それもあってなのでしょうか、スーパーフライ級ではロマゴン、エストラーダ、井岡の名前を上げて王座獲得を目指し、真の5階級制覇を成し遂げようとしているのだと思います。

個人的にはスーパーフライ級で一番応援したい選手なので、今年で40歳を迎えるドネアですが、絶対に王座を獲得しもらいたいところです!!

ちなみに、井上尚弥選手との2度目の試合はAmazon Primeでいつでも見逃し配信を見ることができますので、まだ登録していない方もぜひ見てください!!

【ボクシング】世界スーパーフライ級ランキング一覧:まとめ

以上、ボクシング世界スーパーフライ級ランキング一覧と気になるボクサーの簡単な解説でした!!

スーパーフライ級は日本人も世界ランキングに入ることが多いのでなかなか注目の階級ですね!!

よくランキングの変動があるので、ちょくちょく更新していきますね。

ちなみにバンタム級、スーパーバンタム級についてもまとめていますので興味のある方はそちらもご覧になってみてください。

boxing bantam ranking

【ボクシング】バンタム級世界ランキング一覧【井上尚弥のライバルたち】【随時更新】

super bantam

【ボクシング】スーパーバンタム級世界ランキング一覧【井上尚弥の未来のライバルたち】【随時更新】

それでは!!