【ボクシング】ヘビー級世界ランキング一覧【真の世界最強階級】【随時更新】 

heavy weight ranking

こんにちは、この記事ではボクシング世界ヘビー級ランキングをまとめました!!

ヘビー級といえばモハメド・アリジョージ・フォアマンジョー・フレージャーマイク・タイソンウラジミール・クリチコなど伝説のボクサーが活躍した階級です。

そんなヘビー級(90.719kg~)について、世界ランキングの上位にランクインしている選手をまとめました!!

WBA、WBC、WBO、IBF、リングマガジンにランクインされているボクサーをまとめましたので、是非チェックしてみてください!!

  • 選手の名前は英語名をGoogle翻訳してるのでご了承ください
  • 表示の順番は独自の基準で記載しています
    (チャンピオンである、複数団体にランクインしている、などが上位に来る理由です)
  • スーパー王座、暫定王座、休養王座は「スーパー」、「暫定」など省略します
  • Top10以上にランクインしている選手のみ記載しています

【ボクシング】世界ヘビー級ランキング一覧

更新日
  • WBA:2024/1/31 更新
  • WBC:2024/2/19 更新
  • IBF:2024/2/12 更新
  • WBO:2024/2/21 更新
  • RING:2024/2/17 更新
名前WBAWBCIBFWBORING
オレクサンドル・ウシクスーパー-王者スーパー王者
PFP 3
タイソン・フューリー-王者--1
マフムード・チャール王者----
張志磊---暫定3
アンソニー・ジョシュア21312
フランク・サンチェス52636
ジョセフ・パーカー33-24
フィリップ・フルゴビッチ-9155
ジャレッド・アンダーソン-6547
ダニエル・デュボア4747-
アジット・カバエル847810
マーティン・バコール1----
エフェ・アジャクバ-5910-
デオンテイ・ワイルダー98--9
ファビオ・ワードリー---6-
レニーア・ペロ6----
カシアス・チェイニー7----
ジョー・ジョイス----8
オットー・ワーリン--8--
ジャーメイン・フランクリンJr---9-
フランシス・ガヌー-10---
クブラット・プレフ10----
アルスランベク・マフムドフ--10--

【ボクシング】世界ヘビー級ランキング:気になる選手を解説

一覧だけだと面白くないので、個人的に気になっている選手をピックアップして解説していきます。

タイソン・フューリー

フューリーのプロフィール
  • 戦績:35戦34勝24KO1分
  • 身長:206cm
  • リーチ:216cm
  • 出身:イギリス
  • 構え:オーソドックス
https://twitter.com/Tyson_Fury/status/1600567962708099082

通称”ジプシー・キング”のニックネームで知られるタイソン・フューリー

現在WBC世界ヘビー級チャンピオンである彼は、当時の世界3団体統一王者であったウラジミール・クリチコを破っていきなり世界ヘビー級3団体統一王者に輝きます。

しかし3つのベルトを獲得するもメンタル面が不安定なフューリーは2年以上のブランクを開けてしまいます。

獲得したベルトは剥奪されたり、何度も引退を発表してはそれを取り消したりを破天荒な性格のようです。

その後2018年6月に約2年半ぶりとなる復帰戦を勝利してから同年12月にあのデオンテイ・ワイルダーとの世紀の対決が開催されました。

ワイルダー VS フューリー1

この試合は引き分けに終わりましたが、世間的にはフューリーの勝ちだという声が多かったこともあって再戦が望まれました。

そしてその約1年後、2020年2月に2度目のワイルダーの対決が開催されました。

ワイルダー VS フューリー2

この試合をKOで勝利し、約5年ぶりに世界チャンピオンの座に輝きました。

その後当時の3団体統一王者アンソニー・ジョシュアとの試合が予定されていましたが、諦めきれないワイルダーが再戦条項を行使して2021年10月に3度目の対決が開催されました。

フューリー VS ワイルダー 3

この試合はワイルダーが意地を見せフューリーから2回のダウンをとりましたが、最後はやはり技術に勝るフューリーがKOで勝利しこのトリロジーは終りを迎えました。

そして2023年10月28日に何故かMMAファイターのフランシス・ガヌーとの対戦が行われました。

この試合はガヌーがフューリーからダウンを奪うなどの大健闘を見せましたが、2-1でフューリーが勝利しました。

fury VS ngannou highlight

ガヌーのポテンシャルがすごかったですね…

まぁとりあえずこれに勝利したのでウシクとの4団体統一が実現されることを祈るばかりですね。

ニュースによると2024年2月17日に開催されることになったそうです!!

Fury vs Usyk press conference

が、残念ながらフューリーが練習中に怪我をしてしまったためにまたも2024年5月18日に延期になってしまったそうです…(何度目だ)

デオンテイ・ワイルダー

ワイルダーのプロフィール
  • 戦績:47戦43勝42KO3敗1分
  • 身長:201cm
  • リーチ:211cm
  • 出身:アメリカ
  • 構え:オーソドックス
https://twitter.com/BronzeBomber/status/1446613854566248450

元WBC世界ヘビー級王者のデオンテイ・ワイルダー

戦績を見るとわかると思いますが、勝った試合のほとんどがKOで勝利しており、とんでもないパワーファイターであることがわかります。

彼はタイソン・フューリーとやるまで無敗のままでしたが、フューリーとの2度目の試合で初の敗北を喫してしまいます。

リベンジとなる3度目の試合では2度のダウンを奪うなど善戦しましたが、KOでの2連敗を喫しました。

年齢のことを考えると引退も考えられましたが、2022年10月に行われた復帰戦で衝撃の1RKOでの勝利を飾り、まだまだ世界タイトルへの道を諦めていないように思います。

外見や試合の内容から荒々しい人に思われますが、友人でもある対戦相手がなかなか起き上がってこないことを心配したり、試合後の会見で相手が無事であることを涙を流しながら喜んだりと実はとても人間味のあふれるボクサーです。

年齢を考えると残り少ないキャリアかもしれませんが、是非王座に返り咲いてほしいと思います。

2023年12月23日にはサウジアラビアで開催されるヘビー級祭り(勝手にそう呼びました)でジョセフ・パーカーとの試合が行われました。

結果はまさかの0-3で判定負けに…

これではアンソニー・ジョシュアとの試合はほぼ絶望的になってしまいましたね…

本人はまだ現役続行の意思があるようですが、そろそろ厳しいように思えます。

アンソニー・ジョシュア

ジョシュアのプロフィール
  • 戦績:30戦27勝24KO3敗
  • 身長:198cm
  • リーチ:208cm
  • 出身:イギリス
  • 構え:オーソドックス
https://twitter.com/anthonyjoshua/status/1587103217841733633

元世界3団体統一王者であるアンソニー・ジョシュア

彼は2016年にIBFの世界王座を獲得すると、当時ヘビー級最強の一角であったウラジミール・クリチコを11RTKOで倒して2団体統一王者となり評価を上げました。

その後2018年にジョセフ・パーカーとの3団体統一戦でも勝利して当時のWBC王者であったデオンテイ・ワイルダーとの4団体統一戦もささやかれるなど、順風満帆のキャリアを迎えていましたが、2019年の6月に行われたアンディ・ルイスJrとの防衛戦でまさかの7RTKO負けを喫してしまいました。

ここで終わったと思われましたが、2019年12月にルイスとの再戦で3-0の判定勝ちを収め、無事3団体統一王者に返り咲きました。

ここでようやく4団体統一戦に進むかと思われましたが、2021年9月に行われた元クルーザー級4団体統一王者であるオレクサンドル・ウシクとの試合ではまたもアップセットを起こされ0-3の判定負けを喫してしまいました。

ウシク VS ジョシュア1

またもリベンジとして2022年8月にウシクに挑戦しましたが、前回よりも善戦するもののウシクのテクニックとスピードに対応しきれず1-2の判定負けを喫し、2連敗となりました。

ウシク VS ジョシュア2 最終ラウンド

この試合の直後、リング上で相手のベルトを場外に落としたり、帰ったと思ったらリングに戻ってきて司会からマイクを奪っていろいろとウシクに文句?を言ったりと当時は彼の行動がかなり批判されていました。

あまり良いことではないとは思いましたが、それだけこの試合にかける思いも大きかったのでしょうね…

まだまだ引退するには惜しい選手だと思うので、3度目のウシクとの試合も見てみたいですね。

そして2023年12月23日にサウジアラビアで行われるヘビー級祭り(勝手にそう呼びました)にオットー・ワーリンとの試合が行われました。

この試合はジョシュアの5RTKO勝利となり、世界戦線への復帰を果たしました。

しかし、ワイルダーはまさかの敗北を喫してしまったため、ドリームマッチの実現はかなり可能性が下がってしまいましたね…

ところが、2024年3月8日になんとフランシス・ガヌーとの試合が決定したそうです!!

ガヌーはタイソン・フューリーとまさかのデビュー戦で戦い、僅差で判定負けを喫しましたが、ダウンを奪うなどの大健闘を見せた選手です。

これは違う意味で楽しみになってきましたね!!

オレクサンドル・ウシク

ウシクのプロフィール
  • 戦績:21戦21勝14KO無敗
  • 身長:191cm
  • リーチ:198cm
  • 出身:ウクライナ
  • 構え:サウスポー
https://twitter.com/usykaa/status/1604478461485223939

元クルーザー級4団体統一王者、WBSS優勝者、そして現ヘビー級3団体統一王者であるオレクサンドル・ウシク

彼は2012年のロンドンオリンピックで金メダルを獲得すると、2013年のプロデビュー戦はKOで勝利を飾ります。

そして2016年にWBO世界クルーザー級王座を獲得すると2017年にはあのWBSSに出場します。

そのWBSSで残りのタイトルWBC、WBA、IBFのすべてのタイトルを獲得し、史上4人目の4団体統一王者に輝きました。

これだけでも素晴らしい実績ですが、ウシクはさらに挑戦します。

ヘビー級に転向してわずか3戦目にして当時の3団体統一王者であるアンソニー・ジョシュアに挑戦しました。

直前の試合でデレック・チゾラに苦戦を強いられ、より強者と言われていたジョシュアには勝てないと思われていました。

しかし、戦前の予想を覆してウシクが3-0で判定勝利をおさめ、ヘビー級3団体統一王者に輝きました。

その後2022年8月にはジョシュアとの再戦で2-1で勝利し、ヘビー級での地位を確立しましたね。

2023年8月26日にダニエル・デュボアとの試合が行われ、見事9RKO勝利となりました!!

無事勝利したのですが、5Rにウシクがローブローを受けてしまいます。

このローブローが正当な攻撃では?と議論が起こっているみたいですね。

個人的にはベルトライン下だったので、ローブローだと思いますが…

ひとまず、この後はフューリーとの4団体統一戦が行われるそうなので、正式に発表されるのを待つばかりですね!!

ニュースによると2024年2月17日に開催されることになったそうです!!

Fury vs Usyk press conference

が、この試合はフューリーの怪我により再び2024年5月18日に延期になってしまったそうです…

【ボクシング】世界ヘビー級ランキング一覧:まとめ

以上、ボクシング世界ヘビー級ランキング一覧と気になるボクサーの簡単な解説でした!!

最近のヘビー級は世界的人気階級に戻りつつあるので今後も注目ですね!!

よくランキングの変動があるので、ちょくちょく更新していきますね。

ちなみに下の階級であるミドル級スーパーミドル級についてもまとめていますので興味のある方はそちらもご覧になってみてください。

それでは!!

よかったらシェアをお願いします!!