歴代iPhone/iPadのCPU/GPUスペックを比較してみました

この記事ではiPhone/iPadCPU/GPUスペックがどのくらい進歩しているのかを比較してみました!!

iPhone/iPadにはA16 BionicM2といったAppleが独自に開発しているチップが搭載されています。

そのチップ性能が歴代を通してどの位進歩しているのでしょうか??

わたし
  • 自分が今持っているiPhone/iPadはどのくらいのスペックなんだろう??
  • 欲しいiPhone/iPadはどのくらいスペックが上がっているんだろう??

こういった疑問が一目でわかるようになっているので、ぜひチェックしてみてください。

歴代iPhoneのCPU/GPUスペックを比較

smartphone
iPhone

まず、歴代のiPhoneに搭載されたチップの処理性能、描画性能がどうなっているのかをまとめます。

処理性能とは?

アプリを起動したり、切り替えたりする早さのことだと思ってください
数字が大きいほどiPhone/iPadがサクサク動きます

描画性能とは?

動画やゲームの画面処理の早さのことです
数字が大きいほどゲームがカクカクしない、Youtubeが高画質で見れたりします

ちなみに、ここではiPhone4からを記載していきます。

初めてチップに名前がついたのはiPhone4Apple A4からなので、そこを基準としています。

ここで紹介する数値はCPU Monkeyというサイトで公表されています。

数字はGeek Bench5(Multi Core)とiGPU-FP32というベンチマークの結果です。

機種チップ処理
性能
描画
性能
iPhone 4A4661
iPhone 4SA513213
iPhone 5A626468
iPhone 5S
iPhone 5C
A7528115
iPhone 6
iPhone 6 Plus
A8607136
iPhone 6S
iPhone 6S Plus
iPhone SE1
A91024250
iPhone 7
iPhone 7 Plus
A10 Fusion1422346
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
A11 Bionic2569409
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
A12 Bionic2731576
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone SE2
A13 Bionic3429691
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
A14 Bionic42471000
iPhone 13
iPhone 13 mini
A15 Bionic
4コアGPU
47771200
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
iPhone 14
iPhone 14 Plus
A15 Bionic
5コアGPU
47771500
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
A16 Bionic53552000

iPhone4と比較すると、iPhone14 Proの処理性能は約81倍、描画性能については最大約2000倍です!!

特にiPhone 12からの描画性能の上がり方がエゲツないですね。

iPhone 11以前のiPhoneを持っている方はよりその違いを体感できると思います。

個人的にはiPhone SE3が一番コストパフォーマンスがいいと思うので、検討してみてはいかがでしょうか??

歴代iPadのCPU/GPUスペックを比較

tablet pc
iPad

次は歴代のiPadに搭載されたプロセッサと処理性能、グラフィック性能をまとめていきます。

機種チップ処理
性能
描画
性能
iPadA4661
iPad 2
iPad mini
A513213
iPad 3A5X13226
iPad 4A6X26477
iPad mini 2
iPad mini 3
iPad Air
A7528115
iPad mini 4A8607136
iPad Air 2A8X1075230
iPad 5A91024250
iPad ProA9X1198499
iPad 6
iPad 7
A10 Fusion1422346
iPad Pro 2A10X Fusion2295768
iPad 8
iPad mini 5
iPad Air 3
A12 Bionic2731576
iPad Pro 3A12X Bionic47181200
iPad Pro 4A12Z Bionic47181370
iPad 9A13 Bionic3429691
iPad 10
iPad Air 4
A14 Bionic42471000
iPad mini 6A15 Bionic
5コアGPU
47771500
iPad Air 5
iPad Pro 5
M1
(8/8)
76502610
iPad Pro 6M2
(8/10)
88533550

初代iPadと比較すると、最新のiPad Proは処理性能は約134倍、描画性能については約3550です!!

ちなみに、M2チップの描画性能はPS4の1.84TFLOPSよりも性能がいいということを示しています。

※すごい単純比較なので、M2チップのほうが優れているというわけではありません

iPadのスペックがさらに進化すれば、そのうちMacBookは不要になるかもしれませんね。

特にゲームしたい人からすると大きな画面と最高のスペックを兼ね備えたiPad Proはかなりおすすめです。

ですが、iPad Proは値段が高い(10万越え…)ので少し値段を抑えるならiPad Airがオススメです。

とはいえ、どのiPadも昔よりかなりスペックは上がっています。

A13 Bionic以降のiPadなら普段使いで困ることはありません。

僕もiPad 9(A13 Bionic搭載)を使っていてほとんど困ることがありません。

YouTubeはなめらかに見れるし、ゲームもスムーズにプレイできます。

コストパフォーマンスを考えると一番オススメできます。(iPadの中で一番安いですし!!)

わたし

あとは円高になってくれればもっと安くなるな…

歴代iPhone/iPadのCPU/GPUスペック比較のまとめ

スペックまとめ
  • iPhone 14 Proは初代iPhoneと比較して処理性能/描画性能が81倍/2000倍
  • iPad Pro 6は初代iPadと比較して処理性能/描画性能は134倍/3550倍
  • 個人的にはA13 Bionic以降を搭載する機種ならどれでもOK

また、以下の記事でそれぞれiPadiPad AiriPad miniiPad Proの歴代端末とスペックを比較してみました!!

さらに、iPadを一番安く買うにはどうしたら良いのか??を以下の記事にまとめています。

わたし

iPadが欲しいけど、どこで買うのが一番安いの??

という疑問を抱いている方はチェックしてみてください!!

where store ipad great price

さらに、番外編としてMacBookなどに搭載されているAppleシリコン(M1/M2など)を比較した記事もありますので、気になる方はチェックしてみてください!!

Apple silicon compare
iPhone SE3