歴代iPad Airのスペックを比較

ガジェット

こんにちは、ちょふです!!

2020年10月23日にAppleが新型のiPad Airを発売しましたね!!

そこで、歴代のiPad Airのスペックを比較してみました!!

  • CPUやGPU、メモリはどのくらいスペックが上がってるの??
  • 新型は何ができるようになったの??

これらをわかりやすくまとめています!!

歴代iPad Airのスペックを比較

tablet image

スペックの一覧はWikipediaに載っています。

その中で「CPU」、「GPU」、「メモリ」にフォーカスしていきます。

歴代iPad AirのCPUのスペックを比較

まずはCPUを見ていきましょう。

iPad AirCPUコア数周波数(GHz)
iPad Air(初代)Apple A721.4
iPad Air2Apple A8X31.5
iPad Air(3世代)Apple A12 Bionic62.49
iPad Air(最新)Apple A14 Bionic63.1

ではどのくらいスペックが上がっているのでしょうか?

A7、A8X、A12 BionicのWikipediaにこのように記述されています。

前世代の Apple A6 と比較して最大2倍早く
引用:Apple A7
40%のCPU
引用:Apple A8X
A11よりも15%高速
引用:Apple A12

 

最新のA14はApple公式サイトの説明しかありませんが、A12と比較して…

  • CPUは40%高速

 

こちらの記事でCPU、GPUのスペックがどのくらい上がっているのかをまとめています。

iPhone、iPadのスペックを比較【CPUとGPU】

 

CPUのスペック

iPad AirのCPUも世代が飛び飛びなので、先ほどの記事からA7 → A14まで順番にスペックの上がり方を見てみましょう。

ここでA7(初代)を基準とします。

  • A8:A7の1.25倍
  • A8X:A7の1.4倍で、A8の1.12倍 (iPad Air2)
  • A10:A8の2倍で、A8Xの1.79倍
  • A11:A10の1.3倍
  • A12:A11の1.15倍 (iPad Air 3世代目)
  • A14:A12の1.4倍 (iPad Air 最新)

 

歴代のiPad Airと最新版を比較すると…

初代と比較して約5.2倍

iPad Air2と比較して約3.7倍

iPad Air3と比較して1.4倍

となります。ややこしい…

歴代iPad AirのGPUのスペックを比較

次にGPUを見ていきましょう。

GPUは画面描写に利用されるパーツです。

例えばゲーム画面が滑らかに表示されるか動画がいい画質で見れるか、に関係します。

iPad AirGPU
iPad Air(初代)PowerVR G6430 4クラスタ
iPad Air2PowerVR GXA6850 8クラスタ
iPad Air3Apple-Custom 4コア
iPad Air(最新)Apple-Custom 4コア

A7、A8X、A12 BionicのWikipediaにこのように記述されています。

最大2倍のグラフィックス性能を備えている
引用:Apple A7
250%のGPUの性能の向上
引用:Apple A8X
A11より50%高速
引用:Apple A12

 

最新のA14はApple公式サイトの説明しかありませんが、A12と比較して…

  • GPUは30%速い

 

こちらも世代が離れているのでぱっと見わかりづらいですね…

GPUのスペック

GPUも世代が飛び飛びなので、同じように順番にスペックの上がり方を見てみましょう。

  • A8:A7の1.5倍
  • A8X:A7の2.5倍で、A8の1.67倍 (iPad Air2)
  • A10:A8の3倍で、A8Xの1.8倍
  • A11:A10の1.3倍
  • A12:A11の1.5倍 (iPad Air3)
  • A14:A12の1.3倍 (iPad Air最新)

 

まとめると、歴代iPad Airと最新のiPad AirのGPUスペックを比較すると…

  • 初代と比較して約11.4倍
  • 2と比較して約4.6倍
  • 3と比較して約1.3倍

これだけスペックが上がっているとゲームをしたり動画を見る時にはスペックが上がったことを体感できそうですね!!

歴代iPad Airのメモリのスペックを比較

今度はメモリを見ていきましょう。

メモリは一時的にデータを置いておく場所のようなもので、メモリの大きさも処理スペックに左右します。

iPad Airメモリ
iPad Air(初代)1GB
iPad Air22GB
iPad Air33GB
iPad Air(最新)4GB

iPad Air(最新型)のメモリは4GBに増量!!

  • 初代と比較して4倍
  • 2と比較して2倍
  • 3と比較して1.3倍

CPUやGPUと比較すれば小さな差ですが、メモリもスペックに大きく関わってきます。

最新のiPad Airでできるようになったこと

tablet new action

スペックの次は最新のiPad Airができるようになったことを解説します。

Apple Pencil(第2世代)に対応

今まではiPad Proにしか対応していなかったApple Pencil(第2世代)に対応しました。

第1世代との違い
  • ペアリングができるようになった(iPad Airと同期すること)
  • Apple PenciliPad Airにくっつけて充電できるようになった

これはiPad Airの側面とApple Pencil、それぞれに内蔵されている磁石がひっつくことで充電とペアリングができるようになっています。

今までは専用のケースに入れて充電していたので、その手間が無くなったということです。

どんどん便利になってきてますね〜。

USB-Cに対応

できるようになったこととは少し違う話題になりますが…

iPhoneや今までのiPadはずっとApple独自のLightningケーブルを使用してきました。

それが最新のiPad AirではUSB-Cという別のケーブルに対応することになりました。

変更された理由は不明ですが、考えられる理由は以下の三つです。

  • 充電速度の向上
  • 動画の転送速度向上
  • 対応端末の拡大

これからの時代は画像やテキストよりも動画コンテンツがメインになってくると考えられています。

そのために必要なのが動画などの大きなデータをより早く転送するための通信速度

また、USB-Cは他のスマートフォンやタブレットPCでも広く普及しているため、Appleだけいつまでも独自のものを使っているのはユーザーに優しくないですよね。

そこも意識しているのかな、と勝手に思うところです。

 

Magic Keyboardに対応

iPad Proのみ対応していたMagic KeyboardがiPad Airにも対応することになりました。

Magic Keyboardの特徴
  • iPad用キーボードとして初めてトラックパッドを搭載
  • キーボードの形式がシザー式、macbook Airやmacbook Proと同じものに
  • USB Type-Cポートを搭載、キーボードからiPadを外さなくても充電できる
  • フローティングデザインを採用、iPadの見やすい角度を自在に調整できる

今までは「Smart Keyboard Folio」というものがあったのですが、トラックパッドがないキーボードがmacbookと全然違う(ゴムのやつ)、という点がネックでした。

その全てが解消されたのがMagic Keyboard!!


ただネックは「高い」ことと「重い」こと…

そこは腕力とお財布に相談ですね…

 

まとめ

と言うことで、歴代iPad Airスペック比較でした!!

  • CPUは1.4倍以上
  • GPUは1.3倍以上
  • メモリは1.3倍以上
  • Apple Pencil(第二世代)に対応
  • USB-Cに対応
  • Magic Keyboardに対応

スペックは大幅に進歩し、ぶっちゃけiPad Proとほとんど変わらない性能になりました。

「新しいiPad Airが欲しい!!」と言う方は購入を検討してみては??

また、人によってどのショッピングサイトを利用しているのか変わってくるので、どんな人にどのサイトで買うのがいいのか?を以下の記事にまとめています。

よかったら参考にしてみてください。

where store ipad great price

iPadを安く買う方法