最新iPadのスペックと値段を比較

ipad series compare ガジェット

こんにちは、ちょふです!!

Apple製品で人気のiPad!!

iPadといってもiPad miniiPad AiriPad Proといった様々なシリーズがありますね!!

そこで今回は最新のiPadシリーズをCPU、GPU、メモリといったスペック面値段、加えて機能とサイズも比較してみました!!

最新iPadのスペックを比較

tablet image

スペックはWikipediaに載っています。

その中で「CPU」、「GPU」、「メモリ」にフォーカスしていきます。

最新iPadのCPUスペックを比較

まずはCPUを見ていきましょう。

iPadシリーズCPUコア数周波数(GHz)
iPadA1362.66
iPad miniA156??
iPad AirA1463.1
iPad ProM183.2

 

iPadは2021年9月24日に発売予定のモデルでA13というCPUを搭載しており、これはiPhone 11と同じものです。

また、iPad miniは最新のiPhone 13に搭載されるA15を搭載し、しかも5Gにも対応しています。

iPad Airは2020年10月発売され、iPhone 12と同じプロセッサA14を搭載します。

そして、iPad Proに関してはMacbook Airなどに搭載されているM1チップを搭載しています。

歴代iPad Airのスペックを比較

 

次にiPadと比べてiPad miniiPad AiriPad Proはどのくらいスペックが良いのか見てみましょう。

ちなみに以下の記事で歴代のCPU、GPUのスペックがどのくらい上がっているのかをまとめています。

iPhone、iPadのスペックを比較【CPUとGPU】

 

CPUスペック

iPadのCPUはA13iPad miniA15iPad AirA14iPad ProM1を採用しています。

まずはA13からA15までのスペックの上がり幅を見てみましょう。

  • A13:A12の1.2倍 (iPad)
  • A14:A12の1.4倍 (iPad Air)
  • A15:A12の1.4倍 (iPad mini)

 

iPad Proは今までCPUがXシリーズであり、さらにそこからM1チップに変更されたので、少し変則的な比較をします。

A7をベースに、A13はA7の何倍なのか、M1はA7の何倍なのかを考えます。

  • A8:A7の1.25倍
  • A10:A8の2倍 → A7の2.5倍
  • A11:A10の1.3倍 → A7の3.25倍
  • A12:A11の1.15倍 → A7の3.74倍
  • A13:A12の1.2倍 (iPad) → A7の4.5倍

 

  • A8X:A7の1.4倍
  • A9X:A8Xの1.8倍 → A7の2.52倍
  • A10X:A9Xの1.3倍 → A7の3.28倍
  • A12X:A10Xの1.9倍 → A7の6.22倍
  • A12Z:A12Xと同等
  • M1:A12Zの1.5倍 (iPad Pro) → A7の9.34倍

となります。ややこしい…

これでA13はA7の4.5倍M1はA7の9.34倍、ということがわかったので…

  • A13 = 4.5 × A7
    • A7 = A13 / 4.5
  • M1 = 9.34 × A7
    • A7 = M1 / 9.34
  • M1 = 9.34 × A13 / 4.5
    = 2.08 × A13

となります。(わかりにくかったらごめんなさい)

 

ということでまとめると…

  • iPad miniiPad約1.12倍
  • iPad AiriPad約1.12倍
  • iPad ProiPad約2.08倍

となります。

 

iPadA13になったので、iPad miniiPad AiriPad Proと比べてもめちゃくちゃ大きな性能差はなくなってきましたね。

 

最新iPadシリーズのGPUスペックを比較

次にGPUを見ていきましょう。

GPUは画面描写に利用されるパーツです。

例えばゲーム画面が滑らかに表示されるか動画がいい画質で見れるか、に関係します。

iPadシリーズGPU
iPadApple-Custom 4コア
iPad miniApple-Custom 5コア
iPad AirApple-Custom 4コア
iPad ProApple-Custom 8コア

iPad mini、iPad Air、iPad Proの公式サイトではこのように記載されています。

最大20%速いGPU。
引用:iPad

最大80%速いグラフィックス性能。
引用:iPad mini

最大30%速いGPU
引用:iPad Air

最大40%速いグラフィックス
引用:iPad Pro

 

GPUスペック

GPUも世代が飛び飛びなので、まずはA12からA15までのスペックの上がり幅を見てみましょう。

  • A13:A12の1.2倍 (iPad)
  • A14:A12の1.3倍 (iPad Air)
  • A15:A12の1.8倍 (iPad mini)

 

次にM1までを比較します。

    • A8:A7の1.5倍
    • A10:A8の3倍 → A7の4.5倍
    • A12:A10の約2倍 → A7の約9倍
    • A13:A12の1.2倍 → A7の約10.8倍

 

 

  • A8X:A7の2.5倍
  • A9X:A8Xの2倍 → A7の5倍
  • A10X:A9Xの1.4倍 → A7の7倍
  • A12X:A10Xの2倍 → A7の14倍
  • A12Z:A12Xの1.1倍 → A7の15.4倍
  • M1:A12Zの1.4倍 → A7の21.56倍

となります。これまたややこしい…

これでA13はA7の10.8倍M1はA7の21.56倍、ということがわかったので…

  • A13 = 10.8 × A7
    • A7 = A13 / 10.8
  • M1 = 21.56 × A7
    • A7 = M1 / 21.56
  • M1 = 21.56 × A13 / 10.8
    = 約2 × A13

となります。

 

まとめると…

  • iPad AiriPad約1.1倍
  • iPad miniiPad約1.5倍
  • iPad ProiPad約2倍

となります。

 

こちらもiPadA13になったため、iPad miniiPad AiriPad Proと比べてもめちゃくちゃ大きな性能差ではなくなってきましたね。

 

最新iPadのメモリスペックを比較

今度はメモリを見ていきましょう。

メモリは一時的にデータを置いておく場所のようなもので、メモリの大きさも処理スペックの優劣に左右します。

iPadシリーズメモリ
iPad3GB??
iPad mini4GB??
iPad Air4GB
iPad Pro8GB
16GB

 

iPadiPad miniは発売してから判明すると思います。

ですが、メモリはiPad Pro以外はほとんど同じになりそうですね。

 

最新iPadのスペック比較まとめ

ここまででCPU、GPU、メモリのスペックを比較したので、iPadシリーズのスペックをまとめます。

iPadシリーズCPU性能GPU性能メモリ容量
iPad
iPad mini1.12倍1.5倍1.33倍
iPad Air1.12倍1.1倍1.33倍
iPad Pro2.08倍2倍2.66倍 or 5.33倍

やはり一番スペックが良いのはiPad Proですが、iPadのスペックもA13になっておかげで格段によくなったので、それほど大きな差はなくなってきてますね。

 

最新iPadの値段を比較

price

スペックの次は値段を見ていきましょう。

同じ種類のiPadでもストレージの容量によって値段が変わってきます

また、Wifiのみか、ケータイ回線も使えるモデルかによっても値段は変わります

ここではWifiモデルを対象に値段が安い順にまとめました。

 

iPadシリーズ価格(税込み)
iPad 64GB39800
iPad 256GB57800
iPad mini 64GB59800
iPad Air 64GB68080
iPad mini 256GB77800
iPad Air 256GB87780
iPad Pro 11inch 128GB94800
iPad Pro 11inch 256GB106800
iPad Pro 12.9inch 128GB129800
iPad Pro 11inch 512GB130800
iPad Pro 12.9inch 256GB141800
iPad Pro 12.9inch 512GB165800
iPad Pro 11inch 1TB178800
iPad Pro 12.9inch 1TB213800
iPad Pro 11inch 2TB226800
iPad Pro 12.9inch 2TB261800

 

やはり一番安いのはiPad 64GBモデル。

しかし、税込価格というのもありますが、全体的に値上がりした感は否めないですね…

 

最新iPadのサイズと重量を比較

size

次は各iPadのサイズを比較してみましょう。

シリーズによってサイズも重量も変わってくるので、荷物がかさばるかどうかのポイントになりますね。

ここでもWifiモデルを対象にまとめます。

iPadシリーズ画面サイズ高さ(mm)幅(mm)厚さ(mm)重量(g)
iPad10.2インチ250.6174.17.5487
iPad mini8.3インチ195.4134.86.3293
iPad Air10.9インチ247.6178.56.1458
iPad Pro 11inch11インチ247.6178.55.9466
iPad Pro 12.9inch12.9インチ280.6214.96.4682

赤文字が一番大きい/重いもの青文字が一番小さい/軽いものを表します。

iPadは画面サイズが9.7インチから10.2インチにサイズアップしたため、本体サイズ、重量が大きくなっています。

これはiPad Pro 12.9インチの次に重たいですね…(安いからしょうがない…?)

また、2020年10月発売したiPad Airは10.9インチに画面サイズが大きくなりましたが、ベゼル(画面のふち)が小さくなったので、高さと幅は少し小さくなりました。

iPad miniも画面サイズが7.9から8.3インチに少しだけ大きくなりましが、サイズはほとんど変わっていません。

 

驚きなのが、iPad Proがシリーズの中で一番薄いということです。

サイズは大きいですが、一番薄いのでカバンに入れる時は一番場所を取りませんね。

 

最新iPad機能の違いを比較

other point

最後に各iPadの機能を比較してみましょう。

サイズやストレージ容量の他にも違うところがあるので、この点も購入時に気にしたいところですね。

iPadシリーズ認証方式Apple Pencil接続端子
iPadTouch ID第1世代Lightning
iPad mini第2世代USB-C
iPad Air
iPad ProFace ID

ついにiPadだけがLightningになってしまいました…

 

iPad AiriPad miniはホームボタンが消えましたが、電源ボタンにTouch IDを内臓しているので利便性に変わりはありません。

    なんでこれをiPhoneに搭載してくれんのや…

 

カメラ

実は各iPad、搭載されているカメラが結構違います。

iPadシリーズカメラ画素数フロントカメラ
(Facetimeカメラ)
iPad800万画素1200万画素(超広角)
iPad mini1200万画素
iPad Air700万画素
iPad Pro1200万画素
1000万画素(超広角)
1200万画素(超広角)

 

なんと、iPad Airを除いた全てのiPadのフロントカメラが1200万画素の超広角カメラになりました!!

これは昨今のリモートワークを意識しているのでしょうね。

もしかすると、近いうちにiPad Airも新型が出て、この流れに乗りそうな予感はしています。

ちなみに、iPad ProはLiDARスキャナという特殊なカメラも搭載しており、その辺のことを以下の記事でも紹介しています。

ipad pro compare

歴代iPad Proのスペックを比較

 

最新iPadの比較まとめ

以上、最新のiPadを比較してみました!!

iPad シリーズの比較まとめ
  • 値段がお手軽なiPad
  • コンパクトなiPad mini
  • 大きな画面のiPad Air
  • ハイスペックなiPad Pro

 

使う目的によってどれを買うかとても悩ましいですね…

スペック、サイズ、値段などから自分にあったiPadを探してみましょう!!

ちなみにiPad、iPad Air、iPad mini、iPad Proそれぞれの歴代端末のスペックを比較してみました!!

 

iPadを安く買う方法

iPadの購入を検討している方は以下の記事を参考にしてみてください。

人によってどのショッピングサイトを利用しているのか変わってくるので、どんな人にどのサイトで買うのがいいのか?を以下の記事にまとめています。

where store ipad great price

iPadを安く買う方法