固定費を節約するおすすめの方法【まずは通信費から】

生活

こんにちは、ちょふです!!

今回は固定費を節約する、と言うことで通信費について解説します!!

  • 格安SIMってよく聞くけど、どのくらい節約になるの??
  • 家の光回線も節約したいけどどれにしたらいいの??

といった疑問にお答えできればと思います。

僕は通信費を見直しただけで、月に8000円以上の節約ができました。

人によっては1万円以上の節約も全然できると思いますので、ぜひチェックしてみてください。

 

固定費を節約するおすすめの方法:通信費を見直した結果

結論から言うと、月々19500円 11120円の節約で、その差は8380円!!

年間では100560円、ちょっとした旅行に行けちゃいますね(笑)

たった8300円、されど8300円

8380円というと、そこまで大きくない数字にも聞こえますが、少し考えてみましょう…

  • 給料を8300円増やす
  • 副業で8300円稼ぐ
  • 普段のお買い物で8300円節約する

これってなかなか大変じゃないですか??

給料はいきなり8300円なんて上がりませんし、副業も最初はなかなか稼げません。

普段のお買い物でも、自分の好きなお菓子やジュースを我慢するのは地味にストレスです。

なので、ほっといても節約できるところから見直していきましょう。

 

固定費を節約するおすすめの方法:スマホの料金を見直す

僕は高校生の頃からSoftbankを使っていました。(昔はJ-PHONE、vodafoneでしたね)

そこから10年以上使っていて自分なりに安いプランにしてみたり、オプション解約をしてみたりしたのですが…

やはり3大キャリアは格安SIMと比べると割高なので、2018年の秋に思い切って格安SIMに変更しました。

格安SIMに変更

僕は格安SIMとしてLINEモバイルに切り替えました。

切り替えた時の実際の手順を以下の記事で解説しているので、よかったら参考にしてみてください。

【格安スマホ】ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換える3つのステップ

2018年11月7日

 

LINEモバイルにした理由
  • Softbank回線がそのまま使えるのでSIMロック解除の必要がない
  • LINEの年齢認証、ID検索が使える
  • LINE PAYで料金の支払いができる
  • 他の格安SIMと比べても料金が安い

 

正直どこの格安SIMにしてもそれほど料金も通信速度も変わらないので、個人の好みになりますね。

ただ、LINEモバイルは通話SIMでも1100円から利用できるので、値段は相当安い部類に入ります。

また、しょっちゅう割引キャンペーンや、支払いに使えるLINEポイントの還元(今なら5000円相当)をやっているので、そこも魅力の一つですね。

 

乗り換え前後の料金

ここからは僕と妻の格安SIMに乗り換える前後の料金を載せておきます。

使い勝手はほとんど変わらずにどのくらい料金を下げれるのか、参考になれば幸いです。

乗り換え前の料金

まずは乗り換え前のスマホ料金です。

内訳 ちょふ
端末代 2000円 4400円
プラン料金 1700円 1700円
パケット料金 6000円 5500円
オプション 300円 300円
割引 -2500円 -5600円
合計 7500円 6300円

二人で合計13800円ほど払っていました。

ドン・ヒロチョフ
今思うとだいぶ高いな…

二人とも通話プランはカケホーダイライトという、5分以内の通話ならいくらでもかけ放題のプランでした。

またパケットプランは、僕はギガモンスターという20GBのプラン、妻は5GBのプランでした。

乗り換え後の料金

次に乗り換え後の料金です。

内訳 ちょふ
端末代 2000円 0円
プラン料金 1100円 1480円
パケット料金 0円 0円
オプション 0円 0円
割引 0円 0円
合計 3100円 1480円

合計で4580円に!!

今までの料金が13800円だったので、その差は9220円!!

僕の端末代金は継続して支払っていますが、妻の端末代金は支払いが終わったので、その分が大きかったです。

なお、LINEモバイルですが、今なら二つのキャンペーンをやっています。

  • 最初の2ヶ月は無料!!
  • 支払いにも使えるLINEポイントが5000円相当もらえる!!

というお得なキャンペーンもやっています。

 

選択したプラン

プランの話をすると、僕は”LINEデータフリー500MB“というプランに、妻は”LINEデータフリー3GB“にしました。

ドン・ヒロチョフ
…ん?ギガモンスターを使ってたやつが500MBで足りるのか??

僕は電車の中でYouTubeを見たりsnsを使ったりするので500MBでは全く足りません…

なので、個別にモバイルWifiを契約しました。

モバイルWifiと組み合わせる

Y-mobileやWimaxが有名どころですが、僕はネクストモバイルというモバイルWifiを契約しました。

Wimaxも選択肢にあったのですが…

  • 3日で10GBの制限
  • 電車やビルの中だと電波が繋がりにくい

といったことが引っかかったんですよね。

また、金額的にはネクストモバイルの20GBプランの方がWimaxより安かったこともあってこちらにしました。

ただ、僕が契約した時は20GBのプランが2760円(税抜き)だったのですが、あとで調べるとFUJI-Wifiというところが20GBを1480円(税抜き)でサービスを提供していたんです…

今はまだ解約金が発生するのでしばらくネクストモバイルを使いますが、2年縛りが終わったらFUJI-Wifiに乗り換えます。

 

最終的なスマホ料金

ということで、今のスマホ料金です。

内訳 ちょふ
端末代 2000円 0円
プラン料金 1100円 1480円
パケット料金 2760円 0円
オプション 0円 0円
割引 0円 0円
合計 5860円 1480円

合計7340円、元々13800円も払っていたので、6460円の節約です。

年間77520円もの節約になりました!!

固定費を節約するおすすめの方法:光回線の料金を見直す

次は光回線を節約

光回線をSoftBank光からDMM光に変更しました。

光回線の料金の比較はこちら。

内訳 SoftBank光 DMM光
基本料金 4100円 3780円
オプション 500円 0円
工事費 1100円 0円
合計 5700円 3780円

1920円の節約!!

他社も検討したが…

他の回線も20社近く調べて検討してみたところ、キャッシュバックを宣伝しているところが多かったんですよね。

  • キャッシュバック30000円!!
  • キャッシュバック45000円!!
  • スマホとセットなら月々4500円!!

 

ただ、このキャッシュバックというのはクセがつきもので…

  • 3大キャリアを使っていることが条件
  • そもそもの基本料金が高め(スマホセットじゃなかったら6000円とかも…)

 

などなどの理由から無条件で安いDMM光にしました。

DMM光は新規受付を停止中、今ならソネット光+

残念ながら、2019年8月27日からDMM光は新規受付を終了してしまっています。

もし今僕が光回線を変更するとしたら「ソネット光+」を選択しますね。

ソネット光+が良い理由
  • 料金は2年間1980円から、そのあとも4480円と割安
  • Wifiルーターが同時申し込みで無料で購入できる
  • v6プラスで爆速の早さ

 

個人的には2年間1980円から、という安さが魅力的かと。

契約期間は3年間なので、「3年以上使うかな??」という方には良いと思います。

DMM光の前に知っていたらソネット光にしたんですが…

 

固定費を節約するおすすめの方法:通信費についてのまとめ

ということで、固定費を節約するおすすめの方法として、通信費についてでした。

通信費を見直した結果
  • スマホ料金は6460円節約
  • 光回線は1920円節約
  • 合計8380円節約!!

 

我が家でもこれだけの節約ができたので、他のご家庭ならもっと節約できるかもしれません。

光回線は僕が20社近く調べてみましたが、やはりソネット光が一番安かったですね。

とにかく安く抑えたいという方は一度チェックしてみるのも良いと思います。

 

ちなみに、格安SIMに乗り換えを検討してる方でこんな悩みを持っている方もいると思います。

  • 乗り換えたいけど、今のスマホの解約金が気になっていつ乗り換えるのが良いのかわからない…
  • 乗り換えたらトータルでどれくらいお得になるの??

これらの悩み、以下の記事で解決できるかもしれないので、よかったら参考にしてみてください。

【節約】格安スマホに乗り換えるタイミングを解説

2019年3月29日