【ボクシング】ライトフライ級世界ランキング一覧【日本人にお馴染み】【随時更新】

boxing light fly weight ranking

こんにちは、この記事ではボクシング世界ライトフライ級ランキングをまとめました!!

ライトフライ級というと京口紘人、寺地拳四朗、矢吹正道、岩田正吉といった強豪日本人選手がいる階級です。

昔の話で言えば、具志堅用高さんや渡嘉敷勝男さん、そしてあの井上尚弥選手も最初のベルトはこのライトフライ級でした。

そんなライトフライ級(47.627~48.988kg)について、世界ランキングの上位にランクインしている選手をまとめました!!

WBA、WBC、WBO、IBF、リングマガジンにランクインされているボクサーをまとめましたので、是非チェックしてみてください!!

  • 選手の名前は英語名をGoogle翻訳してるのでちょっと違和感があるかもしれません
  • 表示の順番は偏見です(チャンピオンである、複数団体にランクインしている、などが上位に表示する理由にしています)
  • スーパー王座、暫定王座、休養王座は「スーパー」、「暫定」など省略します

【ボクシング】世界ライトフライ級ランキング一覧

更新日
名前WBAWBCIBFWBORING
寺地拳四朗スーパー王者--王者
ジョナサン・ゴンザレス---王者1
シブ・ノンシンガ--王者-5
ヘッキー・ブドラー41-23
カルロス・カニザレス25939
京口紘人6310-2
岩田翔吉32-710
マーク・ビセレス8941-
矢吹正道-10856
ダニエル・マテリョン1---7
エルウィン・ソト-6--4
ナランハ・ティラ-7-4-
エステバン・ベルムデス78--8
クリスチャン・アラネタ--59-
ヘクター・ガブリエル・フローレス--3--
アザゼル・ヴィラー-4---
レアンドロ・ホセ・ブランク5----
タノンサック・シムシー---6-
レジー・スガノブ--6--
ロナルド・チャコン--7--
アッサンボーイ・ダスマトフ---8-
ミエル・ファジャルト9----
アンジェリノ・コルドバ---10-
富田大樹10----

【ボクシング】世界ライトフライ級ランキング:気になる選手を解説

一覧だけだと面白くないので、個人的に気になっている選手をピックアップして解説していきます。

ジョナサン・ゴンザレス

ゴンザレスのプロフィール
  • 戦績:31戦27勝14KO3敗1分
  • 身長:157cm
  • リーチ:157cm
  • 出身:プエルトリコ
  • 構え:サウスポー
https://twitter.com/jonathan_bomba/status/1582844789867020288

WBO世界ライトフライ級チャンピオンのジョナサン・ゴンザレス

実はこの選手、2019年8月に当時のWBOフライ級王者であった田中恒成選手に挑戦しています。

結果は7RTKO負けでしたが、ポイントはゴンザレス選手の方が勝っていたため、KOしてなければ田中選手が負けていた可能性もありました。

それだけポイントアウトスキルが高い選手ということですね。

そして2022年11月1日には岩田翔吉選手との防衛戦を判定で勝利しました。

2023年には寺地拳四朗との3団体統一戦が行われる可能性が高いようです。

https://twitter.com/jonathan_bomba/status/1587001879321419776

まだ決定ではありませんが、可能性は高いので今後の情報に注目ですね。

ヘッキー・ブドラー

ブドラーのプロフィール
  • 戦績:38戦34勝10KO4敗
  • 身長:160cm
  • リーチ:167cm
  • 出身:南アフリカ
  • 構え:オーソドックス
https://twitter.com/BudlerHekkie/status/1055380452717006853

元WBA世界ミニマム級王者、そして元WBAスーパー・IBF世界ライトフライ級2団体統一王者ヘッキー・ブドラー

彼は日本人にとっても多少馴染みのある選手かと思います。

2018年5月に当時のWBAスーパー・IBF世界ライトフライ級2団体統一王者であった田口良一選手に僅差で判定勝利し、2本のベルトを奪った選手です。

しかしその後、IBFのベルトは返上しWBAのベルトをかけた防衛戦であの京口紘人選手に10Rでの棄権負けを喫しました。

その後2年ほどのブランクを空けて、2022年11月時点で2連勝を重ねています。

2023年にはWBC指名挑戦者として、あの寺地拳四朗選手との試合が行われる予定です。

拳四朗選手が防衛に成功するのか、ブドラー選手が王者に返り咲くのか、楽しみな試合になりそうですね。

岩田翔吉

岩田のプロフィール
  • 戦績:10戦9勝6KO1敗
  • 身長:163cm
  • リーチ:162cm
  • 出身:日本
  • 構え:オーソドックス
https://twitter.com/iwatashokichi/status/1562050354103349248

ここからは日本人選手のラッシュが続きます!!

まず一人目は岩田翔吉選手

この選手はアマチュア時代にあの井上尚弥選手の弟である井上拓真選手や、3階級制覇王者の田中恒成選手に勝利しているほどのトップアマ選手でした。

そんな強豪ひしめくアマチュアでキャリアを重ね、2018年12月になんとアメリカでデビューしました。

そしてデビュー以来9連勝を重ね、ついに2022年11月1日にWBO世界チャンピオンのジョナサン・ゴンザレス選手に挑戦します。

結果は残念ながら判定負けとなってしまいましたが、諦めずに世界を目指して欲しいですね!!

しかし岩田選手といい井上拓真選手、田中恒成選手といい、この世代はとんでもない選手が多いですね…

矢吹正道

矢吹のプロフィール
  • 戦績:19戦15勝14KO4敗
  • 身長:166cm
  • リーチ:164cm
  • 出身:日本
  • 構え:オーソドックス
https://twitter.com/Yabukimasamichi/status/1567472197144580098

元WBC世界ライトフライ級王者の矢吹正道。

矢吹選手と言えば拳四朗選手との1回目の試合で10RTKO勝利しましたが、その時のバッティングで悪い意味で有名になりましたね…

この試合は日本年間最高試合に取り上げられるほどの名試合でした。

実際に試合内容はすごく面白かったので、バッティングの件がニュースになったのは残念でしたね。

個人的にはバッティングをした矢吹選手より、それをちゃんとバッティングだと注意、または反則を取らなかったレフェリングに問題があったと思います。

試合中の選手はみんな必死ですからね、僕は矢吹選手が悪いとは思っていません。

しかしこの件でWBCから直接拳四朗選手との再戦を指示され、2022年3月に再戦しました。

結果は拳四朗選手の3RTKO勝利で終わり、矢吹選手は防衛することなく王座陥落してしまいました。

しかし、復帰戦では無敗の選手相手に7RTKO勝利を飾るなどまだまだ世界を狙っていくようです。

個人的には同じインファイターである京口選手との試合が見てみたいところです。

京口紘人

京口のプロフィール
  • 戦績:17戦16勝11KO1敗
  • 身長:162cm
  • リーチ:163cm
  • 出身:日本
  • 構え:オーソドックス
https://twitter.com/HirotoK1127/status/1590975106129723392

元IBF世界ミニマム級王者、そして元WBAスーパー世界ライトフライ級王者の京口紘人

京口選手はもともとアマチュアの選手でしたが目立った戦績はありません。

子供の頃から自分には才能がないと発言されていたように、プロでの試合でも特段才能を感じるような場面はありません。(すみません、個人的な感想です)

ですが、それでも努力と試行錯誤を重ねて、2階級制覇を達成したことは本当にすごい事です。

仮に才能がなかったとしても努力し続ける事で達成できることがある、ということを証明してきたと思います。

そして、2022年11月1日に拳四朗選手との10年ぶりの日本人王者同士での統一戦が行われました。

結果は拳四朗選手の7RTKO勝利に終わり、京口選手は初の黒星を喫してしまいました。

京口選手としては努力の結果を世の中に示したかったと思いますが、残念な結果になってしまいましたね。

ですが、試合の後の記者会見で先ほどの才能に関することを話しており、個人的にはその話がすごく良かったと思っています。

個人的にはこの階級で一番応援している選手なので、世界チャンピオンに返り咲いて欲しいですね。

ちなみに京口選手はSNSやYouTubeにも力を入れていて、僕もYouTubeをよく見ているので気になる方はチェックしてみてください。

元世界チャンピオンとしての考察や試合予想などが聞けるので面白いですよ。

京口紘人選手のYouTube

寺地拳四朗

拳四朗のプロフィール
  • 戦績:21戦20勝12KO1敗
  • 身長:165cm
  • リーチ:163cm
  • 出身:日本
  • 構え:オーソドックス
https://twitter.com/KenshiroooooKen/status/1591974063064612864

現WBC・WBAスーパー世界ライトフライ級2団体統一王者である寺地拳四朗選手

彼は2017年にWBCのベルトを獲得すると、そこから8連続防衛を重ね、あの具志堅用高さんの持つ13回連続防衛記録を塗り替えるのではと言われていました。

しかし、2021年の矢吹正道選手との試合に敗れ防衛記録が途絶えてしまいました。

ここで引退することも考えたようですが、WBCからの指令もあり、2022年3月には再戦、その試合で3RTKO勝利を収め再びWBC王者に返り咲きました。

そして、記憶にも新しい2022年11月1日に行われた京口選手との2団体統一戦で7RTKO勝利を収め、見事2団体統一王者となりました。

2023年にはジョナサン・ゴンザレス選手との3団体統一戦が行われるそうなので、続報に期待しましょう。

余談ですが、アマチュア時代にあの井上尚弥選手と試合をしており、しかも圧倒されたようです…

京口選手との統一戦をみた後にこの話を聞くと、より井上選手の怪物ぶりがよくわかりますね…

【ボクシング】世界ライトフライ級ランキング一覧:まとめ

以上、ボクシング世界ライトフライ級ランキング一覧と気になるボクサーの簡単な解説でした!!

ライトフライ級は昔から日本人選手が世界王者になることが多い階級なので、今後も注目ですね。

よくランキングの変動があるので、ちょくちょく更新していきます。

ちなみに上の階級であるスーパーフライ級バンタム級などの階級についてもまとめていますので興味のある方はそちらもチェックしてみてください。

それでは!!